2005年11月29日

コンビニで待ち合わせ

先日、私がファ●マでバイトしてた話を軽く出したが、今日はそのファ●マで遭遇した変わったお客さんの話を書こうと思う。


ある日、いつものように一人で店番をしていた時だった。
時間はまもなく17時になろうとしていた。


店内では、雑誌コーナーで2人ほど立ち読み、その他主婦らしきおばちゃんが食品を物色していた。


そのとき、突然一人の男が店内に走りこんできた。


ふぅ〜〜と一息ついて、きょろきょろと辺りを見回して、
そのまま3分ほど経過したところで、その男が突然、


「おかしい!!!」


と声をあげた。

けっこう大きめの声だったので、一瞬、ぎょっとしたが、そのまま男の様子を眺めていると、


「すでに17時を過ぎている!
どうしたことだ?!」



と一人でブツブツとしゃべっている。


「サトラレ」が現実にいたらこんな感じなのかな?と思うぐらい、彼は心の動きをありのまま実況中継し始めた。


立ち読みしてた2人のうちの1人は危険を感じたのか、男の動きに注意しながら、店の外に出て行ってしまった。

もう一人は微動だにせず、熱心に雑誌を読んでいる。


そんなに面白いのか?
その本?




食品やお菓子を見ていたおばちゃんも早々に店を退散したいのか、レジにかごを持ってきて精算を急かした。

その間にも例の男は店内をうろつきながら、
どこかの劇団員のようなオアーバーアクションで頭を抱え、


「なぜ??!!
一体何をやってるんだ?!!
もう帰ってしまおうか?!」



と心の葛藤をそのまま口に出して叫び続けるのだった。


もうちょっとで床をゴロゴロと転げまわる勢いまできていたので、

怖くなり、店長に電話しようかと思った矢先、


「もう帰るさ!!
俺は帰っちゃうよ!!!」


といって精一杯の無意味なアピールをし、男は出て行った。

店内に静けさが戻った。
立ち読みしてる人は何事もなかったように、雑誌をむさぼり読んでいる。

異常事態をモノともせず、読むことをやめることが出来ないなんて、どんなステキな雑誌なんだろう?とチラっと覗き見ると、


「モーニング」の「帽子男は眠れない」を読んでいた。


==========================

『帽子男は眠れない』上野顕太郎

bousi.jpg

『ひまあり』の、あのウエケンの出世作ともいえるギャグシリーズです。
劇画タッチなのに、内容はとことんくだらなくその落差がいい。
オチと間のとり方が絶妙で、気づくと口元が緩んでいる。
いまやもう伝説のギャグマンガ。


*マニアといわれようが、
何と言われようが、私は好きです。


===========================


さすが!!!
ウエケンがわかるとは、動じないだけのことはある…


そんなこんなで軽い感動を覚えていたところに、またあの男が戻ってきた。

店内をキョロキョロ見回すと、


「何てことだ!!!
まだ来ていないじゃないか!!!!」



と、再度おたけびを上げる始末。

一体、彼はどんな重要人物誰を待っているのか?

そのときだった。


「よう」

立ち読みの男が手を挙げた。


「あ!なんだよ、お前、
そんなとこにいたのかよ?!」



って
・・えええええっ?!( ;゚Д゚)


待ち人はずっと店内にいたらしい。

気づけよ!!!
(´д`;)



「それにしても相変わらずだなぁ、お前。
あんまり短気なのもいいかげんにしとけよ」



動じない帽子男はそういって、待ち人狂の男の方をポンと叩いた。

叫ぶ男をわざと放置していたのか?
どういう仲だよ・・・?!



こうして二人は一言、二言交し合ったあとで、連れ立って店を後にした。
後には呆然と立ち尽くす私一人…。

あいつら一体何だったんだ…不思議ワールドの余韻だけがむなしく店内に残ったのであった。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

「あ、それ俺らっすよ」って人が現れたら、ぜひお会いして、一体あのやりとりはなんだったのか?と詰問したい。
ブログランキングに参加しています。ポチっと押してくださると嬉しいです♪
人気blogランキングへ
posted by きょんこ1210 at 16:42| Comment(5) | TrackBack(0) | 思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月24日

バナナマン日村を思う

バナナマンの日村と、


バナナマン.JPG


ガチャピンって

ガ茶.JPG


なんか似てるよね?



あのちょっと寝ぼけた眼差し。ずんぐりむっくりとした体型、平べったい頭角。
どれをとってもガチャピン似だと思うんですよね。


でも、意外に日村に対して、誰もそういったツッコミをやってくれないので、疑問を感じる日々です。



誰かあの素材をうまく活かしてやってくれよ?!ってテレビの前で歯がゆい思いをしてるわけです。

なので、今日はあえてこの話題を取り上げてみました。


世間が日村をガチャピンと認めたら、ぜひやってほしいことが一つあります。

それは以前、「ごっつええ感じ」でやってた

リアルポンキッキです。


リアルポンキッキ.JPG


昔はホンコンさんがガチャピンやってたけど、あれでは子どもが泣いてしまいます。


日村さんならそのまま全身緑色にして、黄色とピンクの線をちょいちょいと描いてあげれば、それだけでガチャピンです。
目に細工をする必要もないですし、美術さんも大助かりです。


ってそんなことをいろいろ書いてたら、こんなものを発見してしまいました。


セクシーガチャピン

ガチャピンウーマン.JPG


何だか私の友達にそっくりです。
ってそんなことどうでもいいんですが。

とりあえず日村さんがガチャピンとして旅立つ日を待ちながら、
私はこれからも彼を生暖かく見守り続けようと思います。


皆さんも良かったら応援してあげてください。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

ちなみに日村さんはよく見るとジュリー(沢田研二)にも似てます。
半目でウスラぼんやり遠い目で見ると、本当に最近ちょっと太ったジュリーに見えてきます。
ブログランキングに参加しています。ポチっと押してくださると嬉しいです♪
人気blogランキングへ
posted by きょんこ1210 at 13:12| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月22日

ごめんねエッチおじさん

私には英知というおじさんがいる。

本当は「ひでとし」と読むんだけど、「えいち」とも読めるので、
「えいちおじさん」⇒「えっちおじさん」と呼んでいた。
(今、考えるとおじさんにとってはけっこう迷惑なあだ名だな)


中学校の夏休み、お盆ということもあって、親戚連中がみんなうちに集まってきて、えっちおじさん筆頭にありとあらゆるおじさんとおばさんが集結していた。


おじさんやいとこたちはダラダラと時間を持て余した挙句、何か本を買いたいから本屋に連れてってくれと言い出した。

そこで、私は今は無き近所の「ほんとぴあ」へおじさんたちを案内したのだった。



えっちおじさんは週刊誌のコーナーに向かって歩いていき、いとことおばさんは漫画コーナー、他のおじさんやおばさんたちも小説だったり、趣味のコーナーへとバラバラと散らばった。



私も「りぼん」と「なかよし」どっちを買おうかなぁなどと悩みつつ、本屋の中を歩き回っていると、ふと目に留まったのがえっちおじさんのうしろ姿。


何やら熱心に読みふけってる。
見上げると、そこは成人誌のコーナー。



ちょっと驚かせてやろうと思って、後ろからおじさんの背中をドン!とたたき、



「な〜に、エロ本なんか読んでんのさ、
えっちおじさん!!」




と声をかけた。
振り向いた顔を見て、私は愕然とした。



別人!!!( ゚Д゚)


私は本物のエッチなおじさんに軽々しく声をかけてしまったのだ!!

見知らぬエッチなおじさんもバツが悪そうに本を閉じようとしている。


「す、すいません!!
お楽しみ中のところ、邪魔してしまって!!
どうぞそのまま続けてください!!!」



私は混乱した挙句、アホなことを口走った。


この状況で


「ああ、そうですか。
それでは…」



と読み続けるおっさんがいたら、
それこそ神経が麻痺したエロス王だろう。


もちろん、そのエッチなおじさんはそこまで図太い神経は持ち合わせていなかったようで、そそくさと恨めしそうにその場を立ち去ったのだった。


あとから一部始終をえっちおじさんに報告したら、


「お前は本当に残酷なことしたもんだな。
そのおじさんはきっと家で泣いているよ…」



とやけに思い入れたっぷりに話して聞かせてくれた。

えっちおじさんの言うとおり、私は一人のおじさんのせっかくの余暇を台無しにしてしまったのかもしれません。

ウキウキとエロ心で弾むおじさんのピンクの鼓動を土足で踏みにじったようなもんです。
だから、ここでもう一度謝罪します。

あの時のエッチな本が好きなおじさん、邪魔してごめんね。

でも、エロ本は立ち読みせずに買ったほうがいいと思います。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

昔、妹の部屋でエルティーンを見つけたときは、なんだか先を越された気がしました。
ブログランキングに参加しています。ぽちっと押してくださると嬉しいです♪
人気blogランキングへ
posted by きょんこ1210 at 12:56| Comment(5) | TrackBack(0) | 思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月18日

ストレッチマンに首ったけ

めったに人のやってこない、密かな私のチャット部屋「きょんこ部屋」
にひとつの書き込みを発見!


「すとれっちまーーーーーん」



( ゚Д゚)!!!


こ、これは!!

私が学生のころ、弟と「ウケる!!」と大騒ぎして見ていた教育番組のキャラの名前じゃないか!!




私はそのキャラの名前を他人の口から聞いたのは初めてだったので、正直とても感動した。


ストレッチマンはそんじょそこらのお笑い番組よりもかなりイケてるシュールな子ども番組だったのだが、放映されていたのが、NHK幼児教育番組『グルグルパックン』のワンコーナーだったため、知ってる人が少なかったのだ。


それこそ当時、ストレッチマンの面白さを語れる人は笑いに関してはカルト級だったのではないだろうか?
(と、自画自賛)

そのため、ストレッチマンの面白さを友達に話しては、「知らねぇよ」と鼻で笑われることが幾度となくあった。


ストレッチマンは黄色いタイツスーツを着てるんだけど、その話題に子どもが触れると、


「これはタイツではない!!皮膚だ!!」



と断言しちゃう男らしいヒーロー。
地球の危機をその名の通り、ストレッチによって何度となく、救ってきたのだ。




懐かしさのあまり、「ストレッチマン」をネットで検索してみた。


まさか…今も放映されてんだろうか・・・?
今もやってたら、そうとうな長寿番組だぞ…?



そんな私の目に飛び込んできたのが、


「ストレッチマン2公式ホームページ」



ストレッチマン2?!
なっ…!まさか?!


バージョンアップしてるのか?!


ストレッチマン.JPG


ズガボーーン!!


うわっ!!すげぇ!!!
別番組のワンコーナーだったのに、冠番組になってんじゃねぇか(;゚Д゚)!!



しかも撮影場所となってる養護学校の先生方(一般人)が怪人役を務めているというパワーアップぶり!

手作り感がとてもいい!



イカ怪人コワイカ
いか怪人コワイカ.JPG

ザリガニ怪人エビータザリガニ怪人エビータ.JPG

どろんこ怪人ドロクロワどろんこ怪人ドロクロワ.JPG  

なまず大王なまず大王.JPG



素人といってもあなどれない強烈な
個性!!
ある意味、こういう場合、素人のほうが
面白かったりするんだ!!



これはシュシュトリアンに登場する怪人たちと同じ香りがするよ。

*シュシュトリアンに関してはこちらをご確認ください⇒美少女戦士シュシュトリアン


おおお!!!
しかも新しいストレッチマンは時代の流行もきちんと随所に取り入れているらしい!!


眼鏡にマフラー…
「冬のソナタ」が流れ…


ストレッチめがね.JPG  ストレッチマン雪.JPG


これは、ヨン様だろ??!!
そうだろ?!ストレッチマン?!



パロディまでしっかりこなしてるなんて、
もうこれは幼児番組の域を超えているぞ!!!


股間もやたらモコってるし!
絶対何か詰めてるだろ?!
なぁ、ストレッチマン!!



私は立派に成長したストレッチマンに
涙した。



ちなみに私は、以前大阪のNHKに行ったとき、番組体験コーナーでストレッチマンとの
共演(特撮)を楽しんだ。
周りに人がいたため恥かしくて微妙な動きしか出来てないが、思い出の動画です。

ストれっち.JPG

(ちょっと重いです)

=======================

以下、ストレッチマン情報です↓

ストレッチマンシリーズ

『グルグルパックン』1994.4〜1999.3
『ストレッチマン』1999.4〜2002.3
『ストレッチマン2』2002.4〜放送中 NHK大阪

現在、「ストレッチマン2」はNHK教育毎週火曜・木曜朝9:45〜10:00にやってるらしいです。


さぁ、今日もなまった身体をストレッチパワーで伸ばすぞ〜〜!!

♪ストレッチマン♪燃える男♪みんなのヒーロー♪

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

夜、寝る前にストレッチをするとよく眠れます。
ブログランキングに参加しています。ぽちっと押してくださると嬉しいです♪
人気blogランキングへ
posted by きょんこ1210 at 11:59| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月16日

思い出のあの声

中学のときやたら滑舌の悪い「コバ」という太めの同級生がいた。


小さなお相撲さんって感じで、フゥフゥ言いながらしゃべるもんだから、声もくぐもっていて聞き取りにくい。


koba.gif


ある日の技術・家庭の時間だった。
その日は食品に含まれる栄養素を勉強していた。

ざっくばらんな性格の須藤先生(女)が、


「みんなの好きなものを黒板に書き出して、それの栄養素について調べてみようかぁ!」


と言い出し、その日、日直だったコバに指名した。


「小林くん!君の大好物を教えてくれる?」


コバはフゥフゥ言いながら、

「ふはぁんばぁんぐ」

といった。


わかりにくいので、この時のコバの声をたくま君に説明し、再現してもらったのがこれだ。

こばのこえ.jpg

緊張してるのか、たくまくん、最初にハァハァ言っちゃってるけど気にしないで下さい。


「は??」


近くの席の一部の生徒にはわかったかもしれないが、先生にはまったく判別がつかなかったらしい。


「小林君、もう一度お願い」


「ふはぁんばぁんぐ!!」


「・・・あ〜あ!先生わかったわよぉ!!」


そういうと、先生は黒板に思いっきりでっかく、



あんぱん



と書いた。

その瞬間クラスが大爆笑の渦となった。


コバの近くの席に座ってた男子が

「先生、コバはハンバーグって言ってたんだぜ!!」


と顔を真っ赤にしてフゴフゴ言ってるコバの代わりに訂正してあげた。

「あら、そうなの。まぁ、いいわ」

そういうと、先生はあんぱんの隣にハンバーグと書き、あんぱんとハンバーグの栄養素について説明を始めたのだった。


コバは黒板の「ハンバーグ」と「あんぱん」という文字を見つめながら、低くうなだれていた。


それから5年の歳月が流れ、私は18歳となり、当時、ファ●マでバイトをしていた。
いつものように楽しく仕事をしているそのときだった。


一人の男が店に入ってきた。

男は雑誌を1冊、手にとると、まっすぐにカウンターに向かってきて、


「むぇんちくぁつをひとぅつ」


と言った。

その瞬間、
私の脳裏にはっきりと「あんぱん」と「ハンバーグ」の文字が浮かび上がった!!



コバ??!!


中学卒業以来の再会だった。
と言っても、特に親しくなかったので、向こうは私のことなど覚えていないだろう…
それにしても相変わらずの滑舌の悪さ。


当時、私が働いていたファミマにはから揚げ、フライドポテト(味は3種類)、男爵コロッケ、メンチカツ、肉まん、あんまん、ピザまん、もろこしまん等を置いていた。


おそらくコバは「メンチカツ」と言ったのであろう。

カウンターに置いてある商品から、それは想像できたのだが、私は思い切って、こう言ってみた。


「はい、
あんぱんですね」


その瞬間、コバが何かを思い出したようにフリーズしたのだが、数秒後、ニッコリと微笑を浮かべた。


18歳の男女が瞬間的に13歳の少年・少女に戻ったうららかな秋の午後だった。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

ちなみに当時、あすかちゃんも同じファ●マで働いており、彼女はよく揚げ物類を床に落としていたが、「3秒ルール!」と言ってはそのまま陳列棚に並べていた。
あ、大丈夫ですよ。もうそのファ●マは潰れちゃってますから…。
ブログランキングに参加しています。ぽちっと押してくださると嬉しいです♪
人気blogランキングへ
posted by きょんこ1210 at 13:17| Comment(9) | TrackBack(0) | 思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月10日

たくま君とキン肉マンについて語り合う

たくま:「キン肉マンってさ、初期のころ、

巨大化してウルトラマンみたいに怪獣と闘ったりしてたよね?



私:「ああ、まだギャグ漫画だったころ?確かにそうかも。

そういえば、キン肉マンのエンディングの歌ってけっこうノリがよくて好きだったなぁ〜〜」



しばし妄想。


フリフリの服を着た赤いドレスの女と踊るキン肉マン…


♪ハチャメチャ忙しスーパーヒーロー♪
キンニク ニクニク 2×9=18ぃ〜♪



たくま:「悪魔超人編になってからもさ〜、

巨大化して、バッファローマン踏みつけちゃえば、それですぐ終わりだったんじゃない?

ミート君なんかバラバラのホルマリン漬けにされちゃってさ。気の毒なもんだよね。」



私:「あ〜!確かに!なんかキモかったな、バラバラミート君!」

そういいながら、もう私は頭の中で、

「♪お肉の〜手入れ、サインの練習♪
キンニク ニクニク・憎らしいわぁ〜お♪」


とキン肉マンRockを歌い続けており、もう止める事が出来なくなっていた。


「うおう!!たくま君がキン肉マンの話なんかするから、キン肉ロックンロールの歌詞が気になって仕方なくなっちゃったよ!!」


こんなときにはあのサイトだ!!!

「アニメソングの歌詞ならここにおまかせ?」


早速、キン肉マン関連の歌を調べてみる。

キン肉マンの曲リスト



ひぃぃぃ!!
キン肉マンってこんなにいろんな歌あるの?!(゚д゚)



っつーか、
ブロッケンJr.のテーマ曲、かっこいい!「ベルリンの赤い雨」

だって。


ん??何、これ
ぶっ!(´゚ω゚):;*.’:;

「キンケシ子守唄」?!



歌詞を読んでみたら、何だか小学生時代の夕暮れ時を思い出した…
いい歌だ。

==================

キンケシ子守唄
作詞:寺田憲史

−抜粋−
ポケットにつめたキンケシボール
おうちであけよ 落さぬように

今日はどんなヒーロー 当たったかな?

ドリーム! 100円玉に願いをこめて
期待に胸はずんじゃう

夢見る時も一緒だよ
ララバイ キンケシのララバイ…


==================

最終的になんでキンケシがララバイにつながるのかはよくわからないが、当時の少年少女のキンケシへの想いがよく伝わってくる素敵な歌である。


そしてキン肉マンロックンロールの歌詞も調べたところ、長年の誤解を発見!!

======================

肉・2×9・Rock’n Roll
作詞:森雪之丞(何気にすごい人)

−抜粋―

空手チョップでハシを割ったら
牛丼片手に Dancin’ Rock’n Roll

(ツヨイ)あたりまえ!
(ステキ)そりゃそうさ!
(カワイイ)てれるなぁ!
(ミートくん)脱糞!!

           ↓
         ガックン!!

=======================

ずっとキン肉マンずっこけすぎて脱糞したのかと思ってた!

だって、やりかねないでしょ?キン肉マンなら?!

あすかちゃんもカラオケで歌うとき、いつも脱糞!って歌ってたよ?!(´д`;)



調べてみるもんだね。
こうして夕食後の団欒はキン肉マンと共にふけていったのである。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

ちなみに瞳ちゃんは中学のとき、中間テストの勉強のため、二人で問題の出し合いをしてたら、「車の生産で有名な国は?」との問いに、「ブロッケン!!」と元気よく答えました。
「何、そのブロッケンって?」って訪ねると、「ブロッケンJr.の出身地はドイツなの。だから車=ブロッケンって覚えたんだ♪」

?!(´д`;)そのまま車=ドイツって覚えた方が早いと思います。
人気blogランキングへ
posted by きょんこ1210 at 16:26| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月09日

ヤンキーとドライブ

沙織ちゃんは高校のとき、ちょっとヤンキーっぽい人と付き合っていた。


ワタベさんというその彼氏は沙織ちゃんにとっては二人目の彼氏だったようだが、23歳ということで、当時の我々にとっては、とても大人に見えた。


ワタベさんはいつも舎弟?と思わしき人物を引き連れており、ワタベさんが車を下りるときには、いつも舎弟?のヒトシさんが先に車のドアを開け、「どうぞ!」とかしこまっていた。



当時はそうとうやばい人に見えたけど、数年後、その貫禄はみるみると衰えていき、最終的に我々の間でのワタベさんのあだ名は


「キリスト」となった。



沙織ちゃんとワタベさんは若くして出来ちゃった結婚をしたわけだが、我が子を入浴させるワタベさんの写真を見ると、ロン毛にひげ、そしてガリガリの肉体、


まさに十字架にハリツケされたイエス・キリストそのものだった。



写真を見て、あすかちゃんが一言、

「なんかキリストっぽくねぇ?」

と言ったその瞬間、大爆笑となり、
その日からワタベさんは「キリスト」となった。



今では、沙織ちゃんも

「うちのキリスト、稼ぎが悪くてよぉ〜」

と普通に自分の旦那をキリスト呼ばわりしている。


んで、話がそれたが、そんなワタベさんがまだキリストとなっていなかった遠い昔、まだ誰ともお付き合いをしたことがなかった高校生の私に男性を紹介してやろうとの話になった。


紹介は東北限定ファミレス「ミルキーウェイ」で行われた。


沙織ちゃんと私がファミレス内でドキドキしながら待ってると、ワタベさんが、一人の男性を伴って訪れた。


「ちわっす。
おいら、モガミ・ショウってんだ、
よろしくね!」



べ、ベロ?!

私は「おいら、ベロってんだ!」と友達を必死に作ろうとするときの妖怪人間ベロをすぐさま連想した。
だって、そんなベロ調のしゃべりの人、見たことなかったから。


モガミさんはお顔立ちは的場浩次似だった。


「こんにちは、きょんこです。宜しくお願いします。」


挨拶もそこそこに「とりあえず食うべ〜」とワタベさんが腹ペコぶりを発揮したので、食事を注文した。


ミルキーウェイでは食べ放題のサラダバイキングもあり、店員に小皿を渡されたら、好きなだけ豊富な種類の野菜を持ってくることが出来る。


「きょんこ、モガミさんにもサラダ持ってきてあげようよ♪」


沙織ちゃんがワタベさんにサラダを持ってきてあげようとしたとき、ボケっとしてる私に声をかけてくれた。


私なりにサラダをよそってきたが、家族が多い家で育ったため、知らず知らずのうちに、山盛りいっぱいのサラダをよそってしまっていた。

テーブルの上にきれいによそってある沙織ちゃんの持ってきたサラダと、
とりあえず力の限り持って来ました!
ごっつぁんです!!
って感じの私のサラダを見て、モガミさんが


「てんこ盛りだべやぁ!なかなかワイルドでいいっちゃ!!!」


恐ろしいほど巧みな仙台弁を駆使して私に微笑みかけてくれた。
そのうち、何だかんだ話してるうちにモガミさんが族上がりであることが判明。
興味本位で

「じゃ、チーム名とかってあったんですか?やっぱり」

と聞くと、ちょっと自慢げに

「ブラッド」

と答えた。


ブラッド? Blood?
血??!!



「ブラッドって血って意味ですよね?さすが、おっかない名前ですねぇ」


なんて適当に話してたら、


「っんだ、てめぇっ!このぅ!!
バカこくでねっ!!
ブラスト(Blast)だ!!!
突風って意味だべっちゃ!!!」




モガミさんはブラストと発音するときに
ブるらるラスト!って感じで舌を巻きまくり、叫びに近い声をあげたため、店内は一瞬静まり返った。



「す、すいません!」

恐怖のあまり、慌てて謝ると、

「いや、わりぃ、わりぃ!ついついチームのこととなると、俺も熱くなるからよぅ!」

と元の温和な表情に戻っていた。

それにしてもBlastなんて学校の英単語で習ってないよ…。

ヤンキーって漢字も得意だし、ひょっとして語学関係に秀でてる人が多いのかな?

などど、ビビりながらも冷静に考える私だった。


その後ゲーセンやカラオケに行って、夜もけっこう遅くなってしまい、帰りはモガミさんが家まで私を車で送ってくれることになった。

産業道路を走っているその時だった。


パラリラパラリロ〜♪という変なラッパみたいな音と、ギャウンンギャウウウンという明らかにマフラーをいじった、けたたましい車の音が聞こえてきた!


「うわっ!暴走族かなぁ?(;゚Д゚)」

とおびえていると、こっちに向かって暴走野朗どもが追いかけてくるではないか!!!


「ぎゃあああ!!
モガミさん、怖い人たちが追っかけてきますよ!!!」



すると、モガミさんは

「大丈夫だぁ!みんな、おいらのマブダチだっぺや」

と余裕の表情だ。

「えっ?じゃあ、皆さんお知り合い?」

「どうだべか〜?」


( ゚Д゚)ハァ?!


「走ってる奴はみんな俺の仲間だっちゃ」


なんだ、こいつ…?
なんかのマンガの読みすぎなんじゃねーの?



と思いつつ、ふと窓に目をやると、

ぎゃあああ!!!!
カラス天狗みたいなマスクつけたバイク野朗が鉄パイプ持って、横に並んでる!!


Mr.カラス天狗は蛇行運転しながら、鉄パイプでコツコツと車の窓を叩き始めた!!
ひいいいぃぃぃぃぃぃぃ!!!!!




辺りを見回すと、
すっかり族に囲まれてんじゃんか、この車!!!

バイク7〜8台と改造車が3台ほどが前、横、後ろにつけて、蛇行運転してるので、行く手を阻まれてしまい、ノロノロと走るしかない状況となっていた。


恐怖で

「モ〜〜ガ〜〜ミ〜〜さ〜〜ん〜〜!!」


って半泣きしてたら、突然モガミさんは窓を開けて、大きく手を振り出し、

「よ〜う!!俺のマブダチや〜い!」

と声をあげた。



((((;゚Д゚))))
バカ野朗!!!
余計なこと言って、挑発すんじゃねぇよ!!!!




うおぅ!!私、車から引き摺り下ろされて、きっと犯されるんだ!!!

モガミさんはボコボコにぶん殴られて、どっかに吊るされるんだ!!!




とパニックになって、私まで変なマンガのセオリーを思い描いてしまった。

と、そのとき、後方からパトカーのサイレンがっ!!


「止まりなさい、止まりなさい、前のバイクと車、止まりなさい!!」


おまわりさんの出現と共に、蛇行を描いて、我々の車を囲っていた連中はいっせいに、加速して新寺方面に走り去った。
パトカーもその後を追いかける。

助かった…

こうして私の恐怖のドライブは終わった。
あれから10年経ち、今では暴走族そのものもめったに見かけることのない希少種族となってしまった。

そう考えれば絶滅品種にあんなに間近に接触できたことは、ある意味、貴重な体験だったのかもしれない…って、もう2度と接触したくないけどね。
怖いから((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

数年後、モガミさんと偶然に再会し、一緒に「タイタニック」を見に行きました。
私はラストの難破シーンで、氷の上にディカプリオも乗せろよ?!だったら死なないじゃん!!ってイマイチ入り込めなかったのですが、モガミさんは号泣していました。
人気blogランキングへ
posted by きょんこ1210 at 14:10| Comment(7) | TrackBack(0) | 思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月06日

松島ファミリーパークで芋煮会

今日は、ここのコメント欄に書き込みにきてくださってるふれさんと愉快な仲間たちの芋煮会に私も参加させて頂きました。


メインが芋煮会だったのに、オプションの焼肉が予想以上にうまかったため、思わず肉の写真ばっか撮影してしまいました…。

niku4.jpg


肝心の芋煮の写真が皆無。

所詮、私は肉食動物です。


ふれさんから会場の松島ファミリーパークは手作り感いっぱいのツッコミどころ満載だよ!と聞いてはいたのですが、聞きしにも勝るキワモノでした。



いつ銭金レポーターが来ても
おかしくありません!
むしろ来て!ぜひ!




まず目に入ったのが
「日本一のジャンボハンモック!」

hannkann.jpg

「シート以外で遊ばないでください」って書いてあるけど、


シート破けてるよ…

yabuketeruyo.jpg


むしろシート部分が一番危険なのでは?


っていうか、シート部分でしか遊べないんだったら、わざわざこんなデカいハンモックにする必要性皆無なのでは??

疑念を抱きながらもはしゃぐ私↓

hanmoku.jpg

↑一応シート部分で遊んでる。


ハンモックのそばにでっかい雨どいがありました。

amadoi.jpg


あ!違います!!
手作りの滑り台だったようです!!



でも、子供さんは

「ちっ!全然すべんねぇよっ」

って悪態ついてました。

amadoisuberi.jpg


滑らない滑り台…。

受験生狙いで作られた滑り台?

滑ろうにも滑れないので、これで合格ばっちりです!




あ!物見やぐらだ!!
わーー!!


yagura.jpg


駆け寄ってみたけど、
ロープが貼ってあって登れません…。

noborenai.jpg

危険遊具?((((;゚Д゚)))




あ!釣ぼりだって!!
うほーー!!!


turibori.jpg

…。
え…?魚いるの…?((((;゚Д゚)))


doroike.JPG





あ!わくわく橋だって!!

wakuwakiubasi.jpg

ワクワクワ…うっ?!!


zokuzoku.jpg

錆びた鉄板が渡してあるだけ…。


落ちたらヘドロ水に身を埋めることになります。


わくわくっていうか、
ぞくぞく(´д`;)?



そして恐怖ゾーンへと誘う「どんぐり橋」

sihenokaidann.jpg

はっきり言って、暗くて怖いです。

一人でここに取り残されたら、お子様は恐怖のあまり泣き叫ぶでしょう。


あ、でもパターゴルフゾーンはなかなかでしたよ( ´∀`)
皆さん、はしゃいでらっしゃいました。

goruhu.jpg

ちなみにパターゴルフ優勝者には主催者ふれさんの「顔拓(ガンタク)」が送られました…

IMG_2510.jpg


今日、一番印象に残った人は、終始、いろんな場面で
「お肉追加〜〜!」と人々に語りかけていたけど、まったく賛同者を得られなかったAさんでした。



お肉が足りなくて、私とシイタケを食い争った彼はあの後、腹を満たすことは出来たのでしょうか?


まさか帰りに焼肉屋寄ったりしてませんよね??


あなたにこの称号を捧げます。

キング オブ ミート!!!

「お肉大好き!!」なその笑顔、
いつまでも大切に…(*´∀`*)


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

外で食べる肉は野生に帰る気持ちがして、格別ですな!
ブログランキングに参加しています。ぽちっと押してくださると嬉しいです
人気blogランキングへ
posted by きょんこ1210 at 19:15| Comment(12) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月01日

悲しきアウトサイダー

小学生というものはあだ名をすぐ付けたがる。


ちょっとしたヘマをしようもんなら、恐ろしいあだ名が付けられ、それが卒業するまでの呪縛となることも少なくない。


かくいう私も


「独眼竜」というあだ名をつけられたことがある。



砕け散ったガラスで目の上を5ハリ縫うケガをしたことがあり、その際に眼帯をつけてたことから、付いたあだ名だ。



幸い傷は浅く、すぐ癒えたので、眼帯を外すと共に私の「独眼竜」という異名も日に日に忘れ去られていった。


けっこう気に入ってたのにな...




私なんかはまだましな例だが、けっこうかわいそうなあだ名を付けられた子がいた。



「毒キノコ」



彼は髪型がキノコカットだった。
ちょうどふかわみたいな感じの。


みんなが夏休みの目標で、「50メートル泳げるようになる」とか「野球がもっとうまくなる」とか書いてる中、色の白いキノコこと渋井君の目標は、


「肌色になる」


だった。
まずは人間らしい健康的な色になることが一番の目標だったらしい。



渋井くんのあだ名は小3の1学期までは確実にただの貧弱なキノコだった。
でもある日悲劇が起こった。



「最近、なんか教室ん中くさくねぇ??」



という会話が飛び交っていたのだが、

「くさくねぇ?」どころではなく、
「確実にくさいよ!」という悲鳴が出始めた頃だった。




教室そうじで机を移動する際、渋井くんの机にちびっ子の田中君が手をかけた瞬間、
彼は一瞬ふらついたように見えた。


机が重かったからなのか、臭かったからなのか、理由はわからないが、ふらついたまま机を床に倒してしまった。



その瞬間、床にばらけ散ったものは...



カビパン!!!!!

腐ったイモ判!!!!

ヘドロ牛乳!!!!





ぎょえええええええーーー!!!!!!


女子を中心にかなりの叫び声をあがった!!


特にイモ判のくせぇのなんのって!!!!

今でも鼻によみがえるほどの悪臭だった!!!

鼻をつんざくニオイとはこのことか??!!



悪臭源たちは渋井くんの机の中で沸々とくすぶっていたのである。



*ちなみにイモ判とはジャガイモをけずってつくるハンコで、1ヶ月ほど前の図工の授業の際、みんなで作ったのであった。


渋井くんがなぜ机の中に腐敗物を溜めっぱなしにしてたのかはなぞだが、

この日から彼のあだ名は正式に
「毒キノコ」となった。




毒キノコは当然「えんがちょ」の対象となった。
「えんがちょ」といっても、私たちの地区では「つけビン」と表現していた。


「つけたらビンタ」の略で、渋井くんが触れたものに触ってしまうと、周りのみんなが人差し指と中指をクロスさせ、


「つけび〜〜ん!!!!」


と守りの体勢に入る。


つけびんクロス状態の人にうっかり汚いものをつけてしまうと、

容赦なく張り手をくらわされる。


今、考えると幼稚なお遊びなのだが、
みんなにつけビン姿勢をとられることほど辛いものはなかった。


いまや「ワンアップキノコ」でもなく、「スーパーキノコ」でもない、ただの「毒キノコ」と成り果ててしまった渋井君は、万年つけビンの対象者となってしまった。



子ども界は残酷だ。
一度ヘマをするとなかなか信用を取り戻せない。




とうとう渋井くんのテーマソングまで完成してしまった。


タイトルは
「♪渋井くんちはゴギブリハウス♪」



当時、宮城ローカルで流れていたセキス●ハウスのCMをもじって作られた歌だった。
作詞は堀越くん。


私はこの「ゴキブリハウス」の歌詞を今でも覚えているのだが、今はもう心が傷むので、歌えません。
(当時は記憶に染み付くほど歌いまくってたが)



小学校を卒業すると、ほとんどがそのまま持ち上がりで隣の中学に進学する中、渋井くんは同じ中学には進学しなかった。

わざわざ遠くの別の中学に行ったらしい。



パンを…イモ判を…
腐らせさえしなければ…




楽しい思い出の多い中、渋井くんのことを思い出すとちょっと切なくなるのだ。

と、同時に古いけど、

「いじめ、かっこ悪い」(by 公共広告機構)


と言っていた前園を思い出したりもするのだった。

今、「ゾノ」って言って、わかる若者がどれぐらいいるんだろう…

時の流れは残酷です。


けれども時の流れがすべてを解決することもあります。

今、渋井くんはきっとどこかで毒の抜けたキノコとして活躍していることでしょう。
そう願いたい。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

*ちなみに前園は韓国Kリーグの仁川に在籍したりしてたようだけど、今は現役を引退して少年サッカーの指導を中心に活躍してるそうです。

人気ブログランキングに参加しています。ぽちっと押してくださると嬉しいです。
人気blogランキングへ
posted by きょんこ1210 at 16:52| Comment(6) | TrackBack(0) | 思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


楽天トラベル
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。