2006年09月20日

タカノリ先輩

こないだ出勤途中に急に声をかけられた。

「きょんこさん、お久しぶりです!!」


見ると、以前、努めてたソフトウェア会社の後輩の女の子。


「わぁ!!ようこ!!何やってんのさ、こんなとこで?」


聞くと、彼女の先日、会社を辞めて転職したとのこと。
そいでもって、私の会社が入ってるビルの1Fに就職したとのことだった。


「じゃあ、今度昼でも一緒に食べようよ〜〜」


そんな話をしながら別れた。
んで、昨日もまた会って、ペラペラと会話しながら、何となく自分の新入社員当初の思い出が蘇った。


洋子は新人のときは、いつもわけわかんない客にひっかかって、サポートで嫌な思いをしつつ、私に質問しに来ていた。


私も新人のときに、同じようにお世話になっていた先輩がいた。
それがタカノリ先輩だった。


タカノリ先輩は何となく運の悪そうな人で、いつも事務の怖い大御所の先輩から怒られていた。


同じ台詞吐いても、他の人は許されて、
タカノリ先輩は許されない。

そんな貧乏神のついた人だった。


彼の世界観は独特でマニアックなほどにパソコンに精通しており、怪しいサイトも立ち上げているとのことだった。
私や他の社員が何度もURLを教えろ!といったが、全容は明かされないまま彼は会社を去ったのだった。


私が新人の頃は、毎日の深夜までの残業で身体も心も疲れきってボロボロだった。
人前にも関わらず、涙を流して大泣きしたことも何度かあった。


今、考えると、恥かしいし、情けないが、とにかく大変だったのだ。
そんなときに、優しくしてくれたのがタカノリ先輩だった。


何かのきっかけで、タカノリ先輩と携帯のアドレスを交換したのだが、それ以来、彼は事あるごとに私に励まし(?)のメールをくれるようになった。
そして、メールの最後にはいつもシリーズ化されたある文面がついていた。


それは、「ジャンプヒーローシリーズ」。

メールの本文の最後に必ず「今日のジャンプヒーロー」と題して、意味不明の言葉が書き添えられているのだ。

例えば、ある日のメールはこんな感じだった。

=========================================

タイトル:「元気だせよ」

本文:
 渡ブー(渡邊部長)のいうことなんて気にすんなよ。
 ●●●クリエイトのくそオヤジも無視だ!

☆☆☆今日のジャンプヒーロー☆☆☆
「屁のつっぱりはいらんですよ」

===========================================




…キン肉マン?


またある日はこんな感じだった。

===========================================

タイトル:「本日のサポート」

本文:

輝リー(輝彦リーダー)も忙しい人だからね。別に怒ってたわけじゃないと思うよ。まぁ、そのうち早く帰れるようになるって。
遅くなったら、また送ってあげるし。

☆☆☆今日のジャンプヒーロー☆☆☆
「地球のみんな!オラに元気をくれ!!」

===============================================



元気玉作成時の悟空?


その他、

「だてにあの世はみてねーぜ。」←幽遊白書

「アベシ!!ヒデブ!!タワパ!!」←北斗の拳

「ゴゴゴゴゴゴゴゴゴ」←ジョジョの奇妙な冒険


といったちょっと懐かしの少年ジャンプのヒーロー名言集を先輩は毎回送りつけてくるのだ。
そんなメールを入れてくる先輩も先輩だが、わかってしまう私も私だ。


最初のうちはそれに反応したメールも返していたが、後半はジャンプヒーローに関しては、無視するようになった。


回を重ねるにつれ、マニアックになりすぎて、毎回、どうリアクションとっていいかわかんなくなってしまったのだ。


なんとか最後わかったのは、
「すごいよ!!マサルさん」の
「おやごさんにヨロシク」ぐらいだった。

マサルさんはセクシーコマンドーの伝道師だったよね?たしか。


さらに先輩もネタが尽きたのか、メールを寄こさなくなった。
そうこうしてるうちに、彼は東京へ飛ばされ転勤になり、まもなく辞めさせられ退職した。


普段からちょっと変った先輩だったのだ。
趣味がPCとモダンバレエということで、先輩にチケットを渡され、先輩の出演する
市民ミュージカル「キャッツ」も見に行ったことがあった。
先輩はオス猫の役だったが、怪しい動きでとても目立っていた。

でも、一緒に来てた瞳が

「つまんないから、帰ろうよ」

というので、早々と会場を後にした。


後日、先輩に感想を聞かれたとき、

「すっごい素敵でした!!面白かったです!!」


と言ったけど、
実はけっこう早い段階で帰ったので、内容は一切わかりません。
ごめんなさい、先輩…。


先輩は社員旅行でもモダンバレエを披露してくれた。
右半身男性、左半身女性の格好で。


狂おしいほどに自分の身体を抱きしめながら、男女の恋物語を踊り通した先輩には、感動の拍手ではなく、失笑が与えられた。


今さらだが、けっこう面白い先輩だったなぁ
そして、けっこう励ましてもらったな〜


当時はありがたみがあんまりよくわからなかったけど、あとから振り返ると、ちゃんと感謝しなくちゃいけないですね。


先輩、本当にあの頃はありがとうございました。
ちゃんと生きてますか(^∀^)?
心配です。
posted by きょんこ1210 at 15:49| Comment(7) | TrackBack(0) | 思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月11日

夏の思い出〜in神戸〜

3日目は朝、早めに出発し、新快速で京都から神戸へ。
三宮駅前には、ボランティアの方々がいらっしゃって、観光案内をしてくれた。
皆さんのおかげでスムーズに荷物を預けることが出来たし、ループバスの停留所もすぐ発見できた(^∀^)


まずは異人館見学へ。
昨日まで見てきた京都のお寺も趣があってよかったけど、
神戸のおしゃれな洋館も素敵♪

P1000325.jpg

昔、持ってたジェニーちゃんやシルバにアファミリーのおうちにあったようなかわいい家具に囲まれて大満足!

P1000367.jpg

P1000371.jpg


お腹が減ってきたところで、スイスシャレーというレストランへ。
適温の冷房の中、優雅なひとときを過ごした。

食事後、新神戸駅に戻って、布引きの滝でも見ようかと話し、いったん二人でそれぞれ駅のトイレに入った。

トイレから出てくると、またたくま君の姿が見えない。
空港では離陸の時間がせまっていたので、慌てたが、今は時間に余裕があるので、のんびり待つことにした。
数分後、もともと青白い顔をさらに青くさせたたくま君がトイレから出てきた。

「どうしたの?」


「まずいよ、まずいよ!!(;゚Д゚)
お尻から血が噴射してるよ!!
このままじゃ、
ジーンズが血で染まる!!!」



どうやらイボ痔が潰れたかなんかして、血がドバドバ出てるらしい。
どうせまたでかいウンコでもしたのだろう…


「落ち着いて!いつものボラギノールは?」

「手荷物には持ってきてないんだ!!」


悲痛な声をあげるたくま君。近くの薬局を探すこととなった。

「応急処置はしてあるの?」


「お尻にティッシュをはさんでいるよ!!」


ケツから噴射する出血を抑える
ライフラインはティッシュ一枚。
油断ならない状況。


ティッシュよ!!
持ちこたえてくれ( ゚Д゚)!!



薬局ぐらいすぐ近くにあるだとろうと思っていたら、辺りにはなかなか見つからない。
観光サービス窓口のお姉さんに聞いてみたら、連絡通路を渡り、別建物に移動すると、ダイエー食品センターが地下にあり、そこに薬局も入っているとのことだった。


小走りで移動し、小パニックを起こしてる彼を誘導しながら、なんとか薬局にたどりついた。
彼はボラギノールを入手し、安堵の笑みを浮かべた。

やれやれ(´д`;)


すっきりしたところで滝の見物。

P1000394.jpg

駅裏にこんな大自然があるとは!!かなりの驚きだった。
猿のキーキー鳴く声まで聞こえるし。
神戸は不思議な街だ…


滝の見物のあとは元町中華街へ。

P1000406.jpg

この頃には私はすっかり暑さと疲れでイライラがピークにきており、またたくま君と小競り合いをした。
大体私がひとりでむつけて、向こうがなだめて機嫌が直るといういつものパターンだ。
怒りっぽいのが私の欠点だ。気をつけねば。

イライラしながらもブルース・リーの人形を見つけ、ちょっと癒された。

P1000409.jpg


最後はモザイクのショッピング街を一通り見て、スイーツハーバーに行った。
ここでもたくま君は長いうんこをした。

家でもよく長いうんこをしてるけど、旅先だと戻ってくるのを待ってる分、さらにめちゃくちゃ長く感じる。
今回はトイレ待ちの多い旅で、最後、戻ってきたたくま君にイライラしていた私は、ついつい


「この、うんこ!!」


とでかい声でののしってしまった。
我ながら何て大人げないことを言ってしまったのか(´д`;)

周りの視線が痛かった…。
「うんこ」と呼ばれたたくま君も恥かしそうだった。

飛行機の出発時間まで余裕があったので、三宮に戻ってからに「生田神社」をついでに軽く見て、帰路についた。

P1000423.jpg

神戸の空港ではとてもきれいな夕焼けが見れて、ほんとにいい旅だったなぁ思い、と旅行を終えるのが名残惜しくなってしまった。

P1000433.jpg

今回の旅はたくま君の突然の長いうんこやイボ痔の破裂に見舞われたが、頭痛や胃痛、腹痛といった長時間に渡り、旅をつまらなくするハプニングには遭遇しなかったので、それが本当にうれしかった。
(ほんと、それがめっちゃ心配だったから)

旅行前日にもたくま君は病院へ行き、入念に準備を整えていたので、それが良い結果となって現れたのだろう。
絶対に、体調を崩さない!っていうたくま君の意思も強かったしね。

また、楽しい旅に行きたいね!
今回もありがとう、たくま君!!
posted by きょんこ1210 at 11:19| Comment(5) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夏の思い出〜in京都パート2〜

2日目もものすごい快晴!
最初は陰陽師で有名な安倍晴明公が祀られている晴明神社へと向かった。駅からの道を間違え、たくま君と小競り合いになったが、神社に到着する頃にはなんとか仲直り。

DSC00150.jpg

厄除けの桃があったので、ここでも桃を触りながらお願い事をした。

DSC00155.jpg

著名人の絵馬も数多くあり、ドラマや映画のヒット祈願が書いてあった。
「陰陽師」も「ANEGO」もヒットしたので、ご利益があったんだね。

DSC00158.jpg  DSC00160.jpg  DSC00161.jpg

帰りがけにおみくじを引いたら、大吉が出た♪
家庭円満の秘訣が書いてあり、ちょうど口喧嘩したあとだったので、苦笑いしてしまった。
これ以上、無意味な喧嘩のないようにと、お守りにおみくじをサイフに入れた。
(実際は、無意味な喧嘩をこのあとも繰り広げているのだが)


帰りがけに病気平癒のご利益があるという晴明井の水を飲み、神社を後にした。

DSC00164.jpg

バスに乗って移動し、次は二条城へ!
二条城は徳川家康が築いたお城で、有名な大政奉還の発表もここで行われたそうだ。

DSC00179.jpg


二の丸御殿の見学の際は、実際に江戸時代の大名たちが行き来した廊下を歩き、各部屋を見て回った。

見事な襖絵に興奮!

歴史を肌で感じるってのはこういうことを言うんだなぁと思った。


二条城は高校の修学旅行でも来たはずなんだけど、廊下を歩いたらキュッキュッ!って音がしたことしか覚えてなかった。
(有名なウグイス張りの廊下ですね)


廊下の音に喜んで、他のことをすっかり忘れてしまうとは、あの頃は小学生なみの感覚しかなかったんだな(´д`;)


他に修学旅行で覚えていることと言えば、嵐山で全身、猿の着ぐるみを着たお兄さんを見て喜んだこととか、みんなで自由時間にカラオケにいったこととか、宿にいたアルバイトの大学生たちに早朝どっきりをされたことぐらいだ。

…歴史のことは全然覚えていない…

まぁ、修学旅行なんて、みんなそんなもんだろう。
御殿を出た後は庭園を楽しんで、今度は太秦の映画村へと移動した。
ここはかなりへぼかった。


「くりぃむなんとか」のビンカン選手権でロケやってたのをテレビで見たときは面白そうだったんだけど、行ってみたらそうでもなかった。
一応しっかり写真は撮ったけど。


DSC00211.jpg  DSC00228.jpg


ここは早々に切り上げて嵐山に移動し、天龍寺を見学した。
天龍寺は足利尊氏が建てたというお寺で、後醍醐天皇を弔っている。

DSC00256.jpg 


期間限定で、ちょうど昇り龍が特別後悔されていて、見ることが出来た。天井いっぱいに書かれた龍の絵はめちゃくちゃかっこよかった!!

tennryuu.JPG


あとは庭園を楽しんで、そのまま竹林を抜けて野宮神社に御参りにいった。

人に踏まれかねない所をウロウロしてるミミズを発見し、人助けのつもりで、ミミズを別の場所に移動してあげようと思ったが、直接手で触るのが嫌なので、そばにあった葉っぱでごろごろ転がして移動してたら、


動かなくなった…。


悪気はなかったんだよ、ごめんよ、ミミズさん(´д`;)


あとは疲れたので、また宇治抹茶のカキ氷を食べてから、京都駅に戻り、食事をしてプラプラ散歩してからホテルに戻った。

ちなみに京都駅には立派な火の鳥の時計が置いてあった。
ここでみんな待ち合わせするのかな?
仙台駅の政宗前みたいな感じ??

DSC00278.jpg

二日目は映画村が不発だったので、不完全燃焼な感が残ったが、まぁ、楽しめた一日だった。
posted by きょんこ1210 at 10:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月02日

夏の思い出〜in京都〜

伊丹空港着いたら、リムジンバスで一路京都へ。

40〜50分ぐらいで京都へ到着(^∀^)
うわ〜〜、広くてきれいな駅!!改めて仙台駅のしょぼさを実感。

烏丸御池に移動して、ホテルにチェックインし、荷物置いたら、そのままタクシーで
三十三間堂へ。

P1000286.jpg

タクシーのおじさんは、日本のオープンカフェの始まりは鴨川の納涼床だとか、
三十三間堂の名前の由来は本堂内陣の柱の間が三十三あるからだとか、楽しくウンチクを語ってくれた。


タクシーから降りると、ムンとする暑さ!!
ひぃぃ!!
何、この暑さ??!!(´д`;)



京都の8月平均気温は大体、27〜8度で、仙台は23〜4度だから暑いことは予想していたが、想像以上の暑さだ。
この日の京都は最高気温33度ということで、背中や首筋が焼けるように暑い。

仙台は暑くなったとしても、湿気が少ないからカラッとしていて、体感温度は低い。
そのせいもあってか気温の違いに大きな差を感じた。


暑い、暑い、暑いよ!!( ゚Д゚)←キレ気味


そんな暑さも観音さんの涼しげなお顔を見てると忘れられる…

残念ながら堂内は写真撮影禁止だったけど、水晶玉の瞳の風神・雷神などもいて、迫力があった。
とにかく、あの千手観音の数には圧倒される。


気持ちが落ち着いた後に清水寺へ。

butai.jpg


まずは本尊の菩薩さまの胎内めぐり


真っ暗闇の何も見えない中、ロープをつかみながら手探りで移動するため、私は2回も前を歩いていた知らない人にぶつかった。
奥には梵字を彫った石があり、これを触りながら願いことを念じると願いがかなうという。
たくま君と二人で心をこめて願い事を念じた。

清水寺の境内にえんむすびの神様もいて、今後も夫婦円満、末永く幸せに暮らせるようにとお参りしてきた。

en.jpg


音羽の滝では、高校の修学旅行のときに、誤って(?)友人の頭をヒシャクでぶってしまい、泣かせたという苦い思い出があったので、慎重に水を飲んだ。


暑さでヘトヘトの中、境内のお休み処で宇治抹茶のカキ氷とところてんを食べた。
冷たくてすっごーーく美味しかった(*´∀`*)!!

kakigoori.jpg

その後は豊臣秀吉とその妻ねねのゆかりのお寺、高大寺へ。
ちょうど開創400年記念で、 百鬼夜行絵巻等や宝物の特別展示が行われていた。
百鬼夜行絵巻や鳥獣戯画といった類は私は本当に大好きで、個性あふれる妖怪たちの絵巻物を見ては、

「これ、ぬらりひょんじゃない?」

「いや、子泣きじじいだよ」


とあれこれと語り合いながらのんびり楽しんだ。
ただ、絵巻物は撮影禁止だったので、残念。


庭園も立派で、涼しく感じた。

teien1.jpg


庭園内にはねねが実際にお茶を楽しんだという時雨亭という茶室も残されていた。
昔は高い建物がなかったから、小高い場所にある高大寺のこの時雨亭から落城して燃え上がる大阪城も見えたそうだ。
ねねはどんな気持ちで真っ赤な大阪城を見つめていたんだろう。


早めの夕飯は、ゆば料理のお店、高大寺羽柴にて堪能。クーラーのよく効いた部屋で美味しいお料理を楽しんだ。

yuba.jpg

夜はライトアップされた八坂神社内をお散歩し、心地よい疲れを感じながらホテルに着いた。

yasaka.jpg

こうして1日目は大満足のうちに終わった(^∀^)(つづく)
posted by きょんこ1210 at 16:10| Comment(3) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


楽天トラベル
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。