2005年12月08日

少年院から追い出される

うちのばあちゃんはヨモギ餅を作るのが得意だ。
小さい頃はよくおやつにヨモギ餅を作ってくれた。


近所に生えてるヨモギを二人で摘んで来ては、餅つき機でお餅といっしょについて食べていた。
私が小5になるまでは、ばあちゃんちは古城にあった。


あとから2世帯住宅にしてこっちに越してきたのだ。
共働きの家庭なので、幼少の頃は古城でばあちゃんと過ごすことが多かった。


ヨモギはいつも交通公園の敷地内に生えてるのを摘んでたんだけど、当時交通公園内の敷地のはずれは
有刺鉄線がはりめぐらされており、それはある建物を囲んでいた。


そこは少年院だった。



交通公園の道路を挟んで、西側が青葉女子学園という女子少年院。
東側が東北少年院という男子少年院となっていた。


小さい頃はもちろんそんな事実など知る由もなかったのだが。


ある日、またいつものようにヨモギをばあちゃんと摘んでたら、
ばあちゃんが有刺鉄線の向こう側をぼんやり眺めながら


「向こうのほうが、いっぺえ生えてんなぁ・・・」


とつぶやいた。


そして有刺鉄線の周りをぐるぐると回りだし、何を思ったのか、
軍手で鉄線をムンズとつかんだ!


「きょんちゃん!あんた、こん中さ入って
ヨモギ採って来んさい!!」



「ええっ!!トゲトゲしてる向こう側には行っちゃいけないって前にじいちゃんに
言われたよ?」



「大丈夫だ!ちょこっとだけだから!!!」


ばあちゃんは、
日ごろから自分のことを「俺」といい、赤信号でも私の手をひいて、思いっきり道路を突っ切り、おまわりさんに怒られても、


「うるさいね!!ケチくせーなや!!!」


と叫ぶぐらいの人なので、
少年院に孫を飛び込ませるぐらい、ヨモギの魅力に比べれば何ともなかったのかもしれない。


でも、そのくせものすごい孫想いのばあちゃんで、私が男子にちょっといじめられたことを、ボソッと話したら、そいつんちに殴りこみに行ったことがある。


何はともあれ、ばあちゃんのヨモギに対する執念と気迫に負け、私は有刺鉄線のすきまをくぐって、敷地内に入った。

ビニール袋にせっせとヨモギを摘んでいたところ、間もなくして怒鳴り声が飛んできた。


「何をやってるんだ?!
出て行きなさい!!!」



たぶん少年院の職員だと思うのだが、いきなりこっちに向かって走ってきた。



「わぁああああ!!!
ばあちゃーーん!!!!」



ばあちゃんが有刺鉄線の向こう側で叫ぶ!


「逃げろ!!!
きょんちゃん!!!!」



?!


わーーん!!
やっぱりここに入るのって悪いことだったんじゃん!!
大丈夫だなんてウソつき!!




慌ててくぐったので、ほっぺを有刺鉄線に少しひっかけた。
イタイよ〜〜


すでにダッシュ体制に入ってるばあちゃん!


私の手をひっつかむと、猛ダッシュでその場を離れた。

「こらーーー・・・!!」


職員の声がどんどん小さく聞こえなくなる。


ばあちゃんは宮城県沖地震の際も、生後間もない赤ん坊の私を抱えながら、両側から倒れてくるブロック塀の間を走り抜けたという逸話を持っている。

それほど足が速くタフな猛者なのだ。


こうして私は少年院から追い出されるという貴重(?)な経験をした。
入れられる人はあっても、追い出される人はなかなかいないだろう。
しかも小3で。




帰りにばあちゃんは
交通公園内のくるみの木に体当たりすると、落ちてきたくるみを私に拾わせ、家に帰ってトンカチで割って食べるべ!とにこやかに話すのだった。


こうしてこの日のおやつはくるみと、ヨモギのお餅となった。


ちょっと涙の味がしました…


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

先日、話してたトイザらス・ドット・コム・ジャパンのクレームの件、3度の出荷変更、約束を守らずいいかげんな対応でお侘びが500円??って突っ込んだら、「じゃ、1,000円で勘弁してもらえませんか?」って…。
お前ら、コントでもやってるつもりか?(´д`;)
もういい加減話もしたくなかったので、文句言うの辞めました。
結局、企業VS個人で闘うにはあまりにも個人は弱い立場なわけです。
2週間にわたっての抗争、疲れた…。ようやく出荷は本日だそうな。

ブログランキングに参加しています。ポチっと押してくださると嬉しいです。
人気blogランキングへ
posted by きょんこ1210 at 15:56| Comment(9) | TrackBack(0) | 思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
かっこいいです。婆ちゃん。
ちなみにオイラの婆ちゃんは自分のことを“オラ”と悟空ばりに言っていました。
そんな婆ちゃんは立ちションしちゃう猛者でした・・・。
おもいだすなぁ〜。
Posted by kazuho at 2005年12月08日 23:27
すっすげー。
バイオレンスばあちゃんだ。
よもぎ欲しさに孫を少年院に送り込むとは。
アクティブにも程がありますね。
きょんこさんも数十年後には・・・
孫にはやさしくしたいものです☆
Posted by ヒズ at 2005年12月09日 01:21
kazuhoさん

さすがに立ちションはしないなぁ
うちの婆ちゃん。
ツワモノですな!!

子どもの頃、立ちションにあこがれて、自宅のトイレで挑戦しようとしたことありました。
…無理でした。

====================

ヒズさん

かわいいばあちゃんになりたいもんです。
その前に早く子どもを産んで、かわいい母ちゃんにならんとな〜〜

昔から子どもと蜂、蝶などの虫の類が自然に群がってくる体質なので、きっといい母さんになれると思うんだけど。
Posted by きょんこ1210 at 2005年12月09日 13:04
すごいお婆ちゃんですね☆俺も昔は婆ちゃんに「逆さ吊り」されたりしました。昔の人は力強いですもんね。

「蓬」には思い出があります。中学のときは、春になると全校生徒で蓬取りが義務付けられていました。ノルマは一人2`cです。まさに「ロームシャ」のように摘みまくりました。私たちが通った後には蓬1本残っていなかった…。

蓬大国MIYAGI!まんせー!!
Posted by JNP at 2005年12月09日 19:40
おばあちゃんタフですね(笑)
僕は小学3年生のときに
いとこたち三人でばあちゃん家の柿の木の
柿を全てかっさらって
あることをしたことがあります。
そのうち僕のホームページで書きますので
ぜひ読んでください。
Posted by akimoto at 2005年12月11日 17:30
はじめまして。

先日(頭も偽装??)の記事から、楽しく読ませてもらってます。

おばあちゃん、ラグビーやっても強いんじゃ??

おばあちゃんに、よろしくお伝えください。
Posted by leaves at 2005年12月12日 22:46
復活しました、ベリィです(*^−^*)
私のうちでもヨモギを採ると
ばあちゃんがヨモギ餅をつくってくれました。
ばあちゃん子だったので(今でもそうですけど)
お風呂はいつも二人で入ってました。
♪いい湯だな を唄いながら・・・
Posted by ベリィ at 2005年12月13日 01:18
ほんとにバイオレンスなばあちゃんですね。

きょんこさんは、ばあちゃんの血をかなり多く受け継いでいるんですね‥

そんな気がしました‥
Posted by 1306 at 2005年12月13日 12:55
JNPさん

全校生徒義務付けでヨモギとりって…
すごすぎっ!!
もしやチャリンコ乗るときは、ヘルメット着用も義務化されてましたか?

ヨモギを摘んだあとはやっぱりヨモギ餅にして食べたのかな?

万歳!!

=================

akimotoさん

「あること」ってどんなことだろ??
ドキドキ

それにしても柿を全部かっさらったなんて、ばあちゃん泣いたろうな(⊃д`)

=================

leavesさん

木に体当たりして、果物を落すとこなんて、「どうぶつの森」を地でいってますからね、ばあちゃん。

でも、私もある程度成長してからは同じことやってたんだけどね…。

リアルどうぶつの森日記。
さすがに家具は落ちてきませんでした。

===================

ベリィさん

私もよくばあちゃんと風呂入ったなぁ!
タオルでテルテル坊主つくったりしなかった?
懐かしいなぁ(*^∀^*)

=====================

1306さん

う〜ん、そうですね。
図太い性格はばあちゃん譲りかも。

でも、ばあちゃんほどパワフルじゃないです。
ほんと、すごい!
これからも長生きしてね!ばあちゃん!
ばあちゃんみたいなばあちゃんになるのが私の夢です。
Posted by きょんこ1210 at 2005年12月14日 16:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/10386633

この記事へのトラックバック


楽天トラベル
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。