2006年07月11日

すずめのチュンちゃん

小6の夏休みに自宅前の道路の下水道から「チュンチュン」と鳥の鳴く声がした。
のぞいてみると、なんかちっちゃいのが動いている。

ばあちゃんに下水道のふたを持ち上げてもらって、虫とり網で中をすくいあげると、そこにはすずめの赤ちゃんがいた
お水で泥を流してあげて、タオルで拭いてあげたら、羽が乾いてきて、ふっくらしてとってもかわいくなった(*^∀^*)

どうやらまだ飛べないらしい。
空中で手を離しても、羽をバタバタさせながらゆっくりと下降してしまう。


私と妹はそのすずめに安易ながら「チュンちゃん」と名前をつけて、飛べるようになるまで面倒を見ることにした。
ちょうど夏休みの自由工作で私は赤い小物入れを作っていたので、それに綿を敷き詰めて、チュンちゃんの仮住まいとした。


私と妹は小さなチュンちゃんにもうメロメロだった。
ご飯粒を与えてみたり、ミミズを与えてみたり、二人で楽しくお世話した。


愛犬ハッピーにも紹介してやろうと犬小屋にチュンちゃんを連れていったら、危うくチュンちゃんが食い殺されそうになるという恐ろしい事件もあったが、それはまだ恐怖の序章に過ぎず、この後、もっと悲しく恐ろしい出来事が待っていたのだった。


チュンちゃんを救出してから1週間後のある日、チュンちゃんは自分で小物入れから飛び出して、居間のイスに座っていた。
そろそろ飛べるんじゃないか?というぐらいチュンちゃんは順調に回復していたのだ。


妹がイスに座りたかったらしく、チュンちゃんを持ち上げると、じゅうたんの上におろした。
このとき、ちゃんと小物入れに戻していれば…
悲劇はこの後に待っていた!!


チュンちゃんはじゅうたんの上を素早く走り出し、父さんのPCデスクの下あたりに入っていった。
早くチュンちゃんを捕獲しないと、ドアにはさんじゃったり、踏んづけちゃうかもしれない!!


妹と二人でチュンちゃんの捜索が始まった。


「チュンちゃん!出ておいで!」

「チュンちゃん!!」



か細く、「チュン」という声が聞こえた気がした。
でも姿が見えない。
必死になって、机の下の本とか、プリント用紙をガサガサといじり、辞書を入れいていた空っぽのカバーケースを持ち上げたその時だった!!



ゴロッ…

ぎゃああああああああああああああぁぁぁぁぁ!!!!


そこには首や羽が変な方向に曲り、涙目で断末魔の声をあげるチュンちゃんが!!!


「ピ…ピー…」


「チュンちゃん!!」



私たちはチュンちゃん捜索中に辞書ケースに入っていたチュンちゃんを知らずに踏みつけまくっていたのだ!!(ノД`)


必死に声をかけていたが、まもなくチュンちゃんは息をひきとった。
私は涙を流しながら妹の頭をひっぱたいだ。


「おまえがチュンちゃんをイスからおろしたからだ!!」


妹が声をあげて泣き出した。二人で号泣した。

ばあちゃんになだめられながら、ティッシュにチュンちゃんの亡骸をくるみ、くちばしには大好きなご飯粒をいっぱいつけて庭に埋めてあげた。


その日からうちの庭に小さなミステリーサークルが頻繁に出没するようになった。
母さんはけっこういいかげんな人なので、私に


「チュンちゃんの呪いかもね」


とか言ってきたもんだから、私はまた号泣し、庭のチュンちゃんの墓前に必死に許しを請うた。

以前、羽アリを1匹殺しちゃったときも、夜になって、たくさんの羽アリがびっちりと窓に張り付いて襲撃に来たことがあった。
その時は恐怖のあまり、キンチョールで更なる大量殺戮に出たのであった。


私はミステリーサークルがどんどんでかくなるんじゃないかとか、夜に大量のすずめが襲撃に来るのではないかとおびえた。


だが私の心配をよそに4日後ぐらいにミステリーサークルの謎がとけた。
小さな円形のミステリーサークルはすずめの砂浴びによるものだった。

チュンちゃんの仲間がやってきては、庭の砂で羽を広げてくるっと回転しており、それが小さなミステリーサークルを作り上げていた。
(庭に古米をまき、偶然すずめを呼び寄せたばあちゃんが発見)


呪いでも何でもないことが判明したのは子どもながらにほっとしたけど、その後も小さなミステリーサークルを見つけては、私はチュンちゃんを思い出して泣いた。
小6の夏休みのあまじょっぱい涙の思い出です…

皆さんも小さな命を大切に。
(ただし、ゴキブリは別です)
posted by きょんこ1210 at 16:33| Comment(7) | TrackBack(3) | 思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして。いつも楽しく拝見しています。
昨日の仕事帰りに私の前を横切った猫が何かをくわえていました。今思えばチラッと見えた部分からおそらくスズメだったような気がします。
追いかけて助けてやればよかった・・・ちょっと後悔しています。
Posted by たみぃ at 2006年07月12日 04:51
>首や羽が変な方向に曲り

こえ〜こえ〜((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
踏みつぶしちゃったんですか・・・。

夢に見そう。
Posted by natsu at 2006年07月12日 09:15
同じような体験をしましたよ。
うちはインコをよく飼っていたけど、もらったばかりの赤ちゃんインコを妹が踏んづけ半狂乱になったことが。口ばしから血が出ていました。
妹の半狂乱ぶりにびっくりして泣くどころじゃなかったです。
Posted by ケイ at 2006年07月12日 10:03
たみぃさん

猫がくわえているものを奪うには結構な勇気が要りますよね。
私も小学生の頃、うさぎを加えた猫を見たことがありましたが、うさぎの目が半分飛び出たような感じになっていて、いろんな意味で救出不可でした。
かなりグロい状態になってましたが、あれは本当にうさぎだったのか、それともたぬきだったのか謎です。

=======================
natsuさん

そうそう
上から踏みつけてしまったのです…(⊃д`)
小動物を取り扱うときは細心の注意が必要ですね。
最近、ハムスターを飼い始めましたが、この子は私の提供したケージをかなり気に入ってくれたらしく、一度も脱走しようとしたことはありません。手の上に乗せると降りようと暴れるので、その時、けっこう私もビクビクしちゃいます。

=======================
ケイさん

チュンちゃんのときは、血は出てなかった記憶があります。
あれで血まで出てたら、たぶんうちの妹も発狂し、私も妹を強くののしったことでしょう。
山形のばあちゃんとこでは文鳥を飼ってましたが、それは蛇に食われて死んでしまいました。
Posted by きょんこ1210 at 2006年07月12日 13:56
鳥じゃなくて猫の話ですが、中学生のとき学校から帰る途中、道路の真ん中に子猫がいてその子猫を見ていると後ろから車が近づいてきて子猫がひかれると思い、あっち行けって感じで子猫に近づくと子猫はオレが近づいた事にビビってあろうことか自分から車の方へ走っていき猫の身体はタイヤの下へ吸いこれまれました・・・死んだ??と思いつつ車の後ろの子猫を見てみると確かにタイヤに惹かれたはずなのに何故か無傷でした。。
ある意味普通に車にひかれるのを見るよりショックでした
見た目は無傷に見えましたが骨とか内臓とかすごい事になっていたと思います
その後、子猫は辛そうに走って逃げましたが悪い事をしてしまったと思います
Posted by カサ at 2006年07月13日 20:17
カサさん
背筋の凍る体験談をありがとうございます。
その猫ちゃんはきっと、チュンちゃんと同じようにほどなく息絶えたことと思われます。
内臓破裂…??((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
Posted by きょんこ1210 at 2006年07月14日 13:24
ふれも幼い時は弱った野生動物は連れて返っていましたが、今はそれもしません。
自然なのだからと。

ヒヨコを可愛がったふれは
親に「イッテキマース」言わないで
ヒヨコに言って、怒られました。


マリオ君は注意してよっ〜。
Posted by ふれ at 2006年07月14日 21:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

夏休み
Excerpt: 夏休みに関するトラックバックを募集しています。どんどんトラックバックしてください。
Weblog: 夏休み
Tracked: 2006-07-16 18:39

赤ちゃんの名前を星に名付ける☆彡
Excerpt: こんにちは(*^^*ゞ今日は素敵なお話です。空に瞬く星に名前をつけられるって知ってました?そんな素敵なサービスをご紹介します。
Weblog: 赤ちゃんの名付け☆名前大図鑑
Tracked: 2006-07-25 16:10

赤ちゃんに最高の名前を贈る本
Excerpt: 個人的に赤ちゃんの名前を付けるのは非常に苦労する作業でしたが、大量の本を読んで最大公約数(つまり確率的に一番信頼をおけると思える)をうまく説明している1冊であると思います。
Weblog: 姓名判断名づけ辞典
Tracked: 2006-08-02 23:16


楽天トラベル
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。