2006年10月29日

すてきな休日

疲れがたまってるので、先週と今週のお休みは近所でのんびり過ごすことにした。そいで、近所のイベントを検索してたら、「ねこまつり」というものがひっかかった。

まったく知らなかったのだが、うちの近所に少林神社というところがあり、そこに猫塚という猫を祀った祠があるとのこと。


この地には猫塚にちなんだ昔話が残っていることがわかった。
ご主人様をお守りしていただけなのに、誤解を受けて、首をはねられた悲しい猫の物語だ。
*物語の詳細はこちらをご参照ください⇒「みちのく怪道 風まかせ 宮城の伝説」

どのぐらいのペースでやってるのかわからないが、この猫塚で先週の日曜に「ねこまつり」が開催された。
世界の招き猫コーナーや、猫メイクコーナー、猫ちゃんふれあいコーナー、オリジナル猫ハガキに猫パンとのどかな催し物と出店が並んでいた。

DSC00630.jpg

DSC00631.jpg

会場には猫音頭っぽいかわいい音楽がにゃんにゃん流れていた。
そして猫の着ぐるみを来たおじさんとおばさんが太鼓の音にあわせて、ごろにゃんにゃんと踊っていた。

DSC00633.jpg

DSC00634.jpg

けっこうな賑わいで、みんなでおじさんとおばさんの猫踊りに熱い視線を注いでいた。
あまりの賑わいに近づくことが困難で、人だかりの中、遠くから撮影。


たくま君は

「もっと若い女性に猫の格好をして踊って欲しかったな」

と呟いていたが、そうなると、他の目的で写真をとりにくる青年たちが現れるので、あえてあの年代をチョイスしたのではないか?と私は話した。

午後2時22分が「ねこまつり」の本まつり開催時間とあって、カウントダウンが始まった。

「3、2.1、
にゃんにゃんにゃあああああぁぁぁぁん!!!!」


いい年こいたおっさんもおばさんも拳を空に突き上げ、「にゃああああん!」と叫ぶ様に思わず笑ってしまったが、非常にほほえましかった。

「にゃあー!」と叫ぶ成人男性は猫ひろしぐらいしか知らないので、とても新鮮だった。

んで、今週は仙台市博物館の大江戸動物図館を見に行ってみた。

大江戸動物の方は、常設展ではなく特別展で、来週の週末までしかやってないので、近くにお住まいの方にはぜひ行ってみて欲しい。
なかなか面白かったですよ!

河童と竜、果ては人魚のミイラまで見ることが出来る。
撮影不可だったので、写真撮れなかったのは残念だが、子供の頃、「学研の科学」の妖怪特集で図説されてたあの有名な河童と人魚のミイラに実際に対面することが出来たので、ものすごく感動した!(*´∀`*)

最近の調査では、魚や動物の骨や皮をつなぎあわせて作られた見世物ではないか?とも言われてるようだが、まだまだ謎が多いらしい。

常設展のほうはあんまし興味なかったが、突然遺跡のレプリカみたいなコーナーが現れたので、とりあえずたくま君に写真撮ってもらった。

DSC00643.jpg

あとは博物館のキッズコーナーみたいのがあったので、そこでお面をかぶって撮影。
たくま君はきつね顔なので、きつねのお面。
私は、よくわかんないけど、変な顔のお面をかぶった。

DSC00641.jpg

DSC00640.jpg

夕方は榴ヶ岡公園内で演劇のお祭りをやってることをリサーチ済みだったので、そっちに移動。

野外ではお神楽の真っ最中だった。
笛や太鼓も生演奏で、夕闇の中、非常に幻想的だった。

DSC00649.jpg

また公園内の仙台市歴史民俗資料館が普段は有料なんだけど、無料で開放されていたので、のぞいて見た。

ここでも今回だけの特別展示で昔の街頭紙芝居が展示されていた。
どれもこれも鬼気せまる恐ろしい絵柄で、昔の人はこんなに顔立ちが濃かったのか?と驚愕するほどの強いタッチだった。

DSC00655.jpg

マジで怖い。
DSC00656.jpg

それにしても二人とも見事な悪人面だけど、実は主人公。
つまり正義のヒーロー。
でも、どう見ても悪巧みを考えてるようにしか見えない。

DSC00657.jpg

やたら下まつげの長い青年とシュールなおっさんの絵にも興味が惹かれた。

DSC00662.jpg

DSC00665.jpg

このシュールさは変態少女漫画界の巨匠、岡田あ〜みんを思い出させる。
小学生の頃、大ファンだった。

こんなステキな紙芝居だけでなく、非常に考えさせられる展示品もあった。
実はこの歴史民俗資料館は、昔は旧第四連隊兵舎だったのだ。
なので、戦争関連の展示品も数多い。

DSC00668.jpg

DSC00667.jpg

?!
工作で防毒面を作成とは??!!

しかし、これで本当に毒ガスを防げたのであろうか。

それにしてもたった60数年前にこんな時代があったというだけでも、信じられない。
あの戦争が終わってから100年も経っていないのだ。
今の日本を作ってくれたおじいちゃんやおばあちゃんたちにもっともっと感謝したいし、自分自身もちょっとしたことでへこたれないで、精一杯生きていかなきゃならないな…と真面目に考えてしまった。
生きたくても生きられない時代もあったわけだから。

そんなわけで、仙台市内の近所をめぐる地味な休日だったが、気持ち的にはとても充実して楽しい時間を過ごせて大満足であった( ´∀`)
来週もすてきな休日を過ごしたい。
posted by きょんこ1210 at 18:41| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして☆
クロといいます。

ってな、なんて楽しそうな祭り!!
ねこまつり!!
・・・うにゃーーーーん(ノдヽ*))((*ノДヽ)w
Posted by クロ at 2006年10月29日 20:47
不思議な所ばかりに遊びに行きましたね♪
来週もおもしろい所へ出かけてくださいね〜(^_^)v
Posted by どんぐり at 2006年10月30日 17:42
クロさん
こんにちは!
はじめまして(^∀^)
ほんと、ほのぼのとして楽しいお祭りでしたよ♪
ねこまつりというだけあって、ご近所の方々は飼い猫をたくさん連れて来てるかと思いきや、チワワをつれたおじいさんを一人しか見ませんでした。

=====================
どんぐりさん

今週末は安達が原の鬼婆伝説のあるふるさと村へいってみようかと思ってます!
また面白いもの見つけたら日記書きますね〜〜(*^∀^*)


Posted by きょんこ1210 at 2006年10月31日 15:01
工作で毒は防げないですよね(爆)
Posted by akimoto at 2006年11月03日 11:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック


楽天トラベル
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。