2005年06月15日

6年2組のなかまたち

私が小学校最後のクラス、6年2組はあだ名がサシバ(単純に挿し歯をしてるというその理由だけで付けられた)というおばちゃん先生が担任の荒れ果てたクラスでした。

今、振り返れば、あれこそまさに学級崩壊だったのかも。
テストの時間にはクラスのリーダー格Y田ちゃん(先日の日記、「ヤンキーのボンタンには悲しみが…」にも登場したあのY田ちゃん)がなぜか学校にラジカセを持ってきており、授業中には爆風スランプの「リゾラバ」が流れていた。きっとY田ちゃんお気に入りの曲だったのだろう。

算数で比例の勉強をしていても、社会でイイクニ作ろう鎌倉幕府やってても、

「嘘じゃな〜いさ、ウブじゃな〜いさ、夏の女はまやかし〜♪♪」


なんてサンプラザ中野の声が響き渡り、季節変りに限らず身悶えてしまう状態だった。

サシバも当然、止めようとはしてたんだけど、そのうちほったらかしになってしまった。
Y田ちゃん筆頭とする抵抗勢力には逆らえない。小泉首相も真っ青だ。

私も普通に漫画の貸し借りのために、授業中でも席を自由に歩き回ってたし、隣の席のS藤君は理科室から持ってきたアルコールランプでスルメをあぶって食べていた。

そのうち商売を始めるものまで現れ、「シロクマ商会」なる5〜6人から構成される商売人組織が出来た。会社ごっこがエスカレートして、屋号までつけてしまったのだ。

シロクマ商会の社長は誰なのか不明だったけど、隣の席のS藤君は、よく商品の作成をしていた。彼は非常に手先が器用で、江戸時代の火消しが持ってる「め組」の棒みたいなやつのミニチュアを方眼用紙で作成し、(こんなやつ)⇒めぐみ.jpg
それを欲しがる輩に10円〜30円の値段で売っていた。

ある日はスーパーボールで遊んでいたあすかちゃんのもとにシロクマ商会のI君がやってきて、

「そのスーパーボール、シロクマ商会に30円で譲っていただけませんか?」と言い放ち、私が野良猫と戯れていると、

「その猫をシロクマ商会に破格でお譲りいただけませんか?」

と猫まで仕入にかかる始末だった。(ちなみに猫は無料で譲った。)

毎週月曜には教室後ろの掲示板にシロクマ商会手製のチラシが張り出され、どこからか集めてきたガラクタたちに50円や、100円といった値が付けられ「激安価格!」、「売り切れごめん!」という文句まで丁寧に添えられていた。

シロクマ商会の底力は果てしなく、当時、「パレード」というジュースの空き瓶を「ソウマ屋」というお店にもっていくと10円で買い取ってくれたのだが、それを利用して、校庭や帰り道で落ちているパレードのビンを拾っては、ソウマ屋に売りに行くという地道な利益向上にも勤めていた。
なんて勤勉な小学生社員!

このようにシュールな人が多い6年2組だったので、図工の時間に机の上に自分の墓のミニチュアを作るものまで現れたし、架空選挙戦の手書きポスターがシロクマ商会のチラシの隣に張られることもあった。みんな、早く大人になりたかったのだろうか?大人の真似事をしたくて仕方なかったのかもしれない。

教室は誰も掃除しなかったので、ほこりだらけになりつつあった。そんな頃、ふいに用があって学校へ訪れたK君のお母さんは別の小学校の先生をしていたらしく、荒んだ教室を見て、教師魂に火がついてしまった。
怒りをあらわにし、たまたま居残っていた我々を総動員して掃除をさせた。

その怒りはサシバのもとにも届いたらしく、サシバは翌日、神妙な面持ちで黒板に
「けじめ」と書いて、
学校生活では規律を守って生活しなくてはいけないことをトツトツと話した。
でも、誰もそんなの聞くわけがなく、黒板の「けじめ」は気づくと、O久保の手によって、「みじめ」に書き換えられていた…。

6年生は3クラスあって、1組はバットや1M定規を武器とする色メガネの山田先生、3組はバーコードう〜さんという異名を持つ男沢先生が担任で、腕力のもと秩序は保たれており、2組だけがそんな状態だったから、サシバはさぞ、いたたまれない状況だったことだろう。

そんな変わった人の多かった6年2組も卒業の日を迎えることとなった。
サシバは号泣していた。
「おおおおおおおおお」と動物のように泣いていて、みんなかなり退いていた。
たぶん、あの涙は呪われた6年2組から解放される喜びの涙だったに違いない。

余談ですが、シロクマ商会のS藤君とは、社会人になってから偶然再会しましたが、立派なU●ENの営業マンになってました。たぶん、今日も頑張って営業してるはず。
シロクマ魂はきっと今も健在でしょう…。
posted by きょんこ1210 at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4377827

この記事へのトラックバック


楽天トラベル
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。