2005年06月17日

先生、何をするおつもり?

私は中学生のころ、バドミントン部だった。
友達がみんなバドをやるというので、じゃ、わたしも〜というノリで入ったのです。
すっごく弱いバド部で、一応練習はするのですが、いまいち本気を感じない腑抜けた部でした。

女子バド部は私以外はやたら成熟した色っぽい女の子が多かったからか、部室に不審者が入ることが多く、部室内の壁に、あのフジテレビのマークに似通った女性マークが所狭しと書きなぐられていたり、ものがなくなるということもありました。

この時点では、異常に思春期ホルモンが発達し、発情期に入ってしまった男子の何者かによる犯行ではないかと思われていました。
しかし、ある事件をきっかけにして、その疑惑は一定の人物に向けられることとなります…。


バド部は女子バド部と男子バド部に別れていて、女子の顧問の先生はサザエ(髪型がサザエさんだったから)で、男子の顧問はスモーティー(スモール ティーチャーの略)でした。

スモーティーは男子顧問だし、この先生の授業を受けたこともなかったので、あまりよく知らなかったけど、背がすっごくちっちゃくて、何だかクシャっとしていて大気圧で押しつぶされたような感じの先生でした。

体育館で練習するときは、スペースを三分割して新体操部と男子バド、女子バド部で分け合って使用してました。
よく新体操部のフラフープが飛んできて、瞳ちゃんの頭に当たってました。

なぜだかわかりませんが、ほとんど毎回といっていいほど、誤って飛んできたフラフープは瞳ちゃんに当たります。
瞳ちゃんはきっと「のび太体質」だったのでしょう。
思えば、瞳ちゃんはいつも小さな事件を起こしており、何かにぶつかってはあたりを星が舞っているような、古きギャグマンガの世界から抜け出たような人でした。

彼女は技術家庭の時間にカセットラックを作った際にも、釘抜きで釘を抜こうとして、勢い余って、抜いた釘を額に刺し、その傷跡はインド人のビンディー(額のぽっち)のようで、神々しかったです。


話が少しそれましたが、そんな風な日々を過ごしていたある日曜日、おうちでゲームをしていたら、お母さんから呼ばれました。


「きょんこ、佐々木先生という方から電話だよ、早く出なさい」


佐々木先生??
そのときの私の担任は妖怪人間ベラというあだ名の高木先生だったので、佐々木先生と言われてもピンときませんでしたが、お母さんが名前を聞き間違えたのかもしれないと思い、とりあえず電話に出てみました。


「はい、代わりました」


「あ…、きょんこさんだね?バド部顧問の佐々木だ」


一瞬誰だかわかりませんでしたが、声が男で、バド部顧問と言ったので、男子バド顧問のスモーティーだとわかりました。


「はい。何ですか?」


「今日、部活をやるという話、聞いてなかったか?今から体育館に来なさい。みんな、もう集まってるぞ」


あれ?そんな話だれもしてなかったけどな??連絡モレかな?と思いつつ、


「あ、はい、わかりました。すぐ行きます」


といって、電話を切りました。
でも、電話を切ったあとで、ゲームをセーブできる状態まで続けてるうちに、なんだかそのまま面倒くさくなって、結局学校には行きませんでした。

そもそも弱小バド部だし、わざわざ休みの日に部活をするなんて初めての話だし、大会が近いわけでもないから、別に誰にも責められないだろうと思ったのです。


次の日、学校へ行って、一応みんなに昨日の部活に参加したかどうか聞いてみると、あすかちゃんも沙織ちゃんも瞳ちゃんも、異口同音にこう言いました。

「は?昨日、部活なんてないでしょ?そんな連絡きてないよ」


「あれ〜、おかしいなぁ…だって、昨日確かに電話で体育館にみんな集まってるって言われたのに…」


一応女子バド部のほかのメンバーにも聞きましたが、そんな話しらないと言われました。


「大体、ほんとに部活あったら、女子バド顧問のサザエから電話くるか、連絡網回るはずだろ?なんでスモー(スモーティー)なんだよ?」

とのあすかちゃんの意見をきき、まさか私だけ男子バド部にカウントされてる??と不安に思い、一応男子バド部員にも聞いてみたが、やはり部活などなかったとの回答でした。

わざわざスモーに昨日の電話はなんだと確かめに行くのも面倒だし、もういいやと思って、そんなことがあったことを忘れ去ろうとしている1週間後、事件はおきたのです!

自宅でゆっくり風呂に入ってるときでした。


「きょんこ〜〜〜〜!!事件だよ!事件!!」

風呂場にお母さんがバタバタと走りこんできました。


「なんだよぅ!」

「あんたんとこの先生、捕まったよ!!逮捕!!!!」

「えっ??」

慌てて風呂から出て、テレビを見ると、地方ニュースで、うちの学校の先生が下着泥棒で捕まったというニュースが流れていました。
捕まったのはスモーでした…。

概要としては、今はなき一番町のシャルに閉店時間まで潜んでいたスモー容疑者は、店員がいなくなったのを見計らって、女性もの下着売り場でブラジャーやらパンツを物色中、徘徊中の警備員に見つかって、現行犯逮捕されたとのことでした。


次の日、学校で臨時集会が開かれ、以来スモーは学校へ姿が現すことはありませんでした。
スモーの変態ぶりが明るみに出たのをいいことに、あすかちゃんが恐ろしいことを言い出しました。


「そういえば、きょんこ、先週の日曜に一人だけスモーに呼び出しくらってたよな?
あれ、スモーのやつ、お前をどうにかしようとでも思ってたんじゃない?


げえええええぇぇぇぇぇ!!!!!

そんな恐ろしいことシレッとと言うな!!

「教師から生徒へのイタズラのニュースけっこう聞くじゃん。きっとスモーもなんかしようとしてたんだよ〜!でも、お前来なかったから、下着ドロに走ったんじゃないか?」

もう少しであすかちゃんをぶん殴ってしまいそうでしたが、でも、とりあえずあの日、ゲームに熱中していてよかったなと思いました。
スモーのあの日の真意はわかりませんが、とりあえず行かなくて正解だったとは思います。

そして、スモーへの疑惑は部室のフジテレビマーク事件にも及びました。
スモーが捕まってから、部室荒らしがなくなったからです。
生徒がみんな帰った深夜に部室にしのびこんで、フジテレビマークを書きなぐる独身中年。
ああ、なんと悲しい情景でしょう…。


こうして、スモーはみんなの心の中に最低のエロ教師として、そして一部の男子の間では勇気ある真のエロ・テロリストとしてその記憶に深く刻まれることとなりました…

でも、犯罪はいかんとです、ほんと。
先生、今は、良いお父さんにでもなってることをお祈りいたします。…生徒一同より

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

いくつになっても童心を忘れないぞ!パパ、頑張って!⇒人気blogランキングへ
posted by きょんこ1210 at 15:41| Comment(3) | TrackBack(0) | 思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
楽しく拝見しました。
仕事中ですが、笑うのを我慢してました。文章でこれだけ笑えるってなんでしょう。
すばらしい才能ですね。
またきます。
Posted by 127 at 2005年06月19日 07:41
きょんこさん初めまして、ネットサーフしててこちらに辿り着いたんですが
もう、面白すぎです。爆笑の嵐です。先生ーー!(笑笑)
今後もきょんこさんの面白体験談を楽しみにしてまーす。
Posted by あい at 2005年06月19日 15:16
楽しんでいただけたようで嬉しいです♪
まだいろいろ過去の思い出ネタはあるので、どんどん出していきますね(^^)v
Posted by きょんこ1210 at 2005年06月21日 18:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック


楽天トラベル
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。