2005年06月29日

初めての告白2(合宿編)

合宿がスタートし、お昼ぐらいには我々が野外活動をお手伝いする小学生たちも到着しました。

わぁわぁ!!ぎゃあぎゃあ!!

大自然を前に子供たちもすっかり自然に帰って山猿化してます。
そんな子供たちをみる熊谷君の目は非常に温かく、ああ、なんて優しそうな人だろう♪とますます感情が高まります。

この日はみんなで野外炊飯をして、カレーを作ることになりました。
まきの調達や火が消えないように吹いたり、材料を切ったり、子供たちを見守りつつ、我々も作業を手伝います。

私はまちこちゃんと行動をともにしました。
まちこちゃんは雰囲気が火星田マチ子です。↓
火星田マチ子.jpg

つぶやくようなしゃべり方だし、いつも肩をすくませていて、宇宙人っぽい雰囲気を持っているのです。
たまにしれっとブラックなことを言う不思議少女です。

炊飯をするための釜の用意をするよう宿舎の先生に任命され、二人で、泥をこねることになりました。
泥を何に使ったかは覚えてませんが、とにかく泥をこねてると、子供らが近寄ってきて、泥遊びが始まりました。手をひじのあたりまでずっぽり突っ込んで、みんなで楽しく泥をこねていた、そのとき!
悲劇は起こりました。

ちくっ

あれ?今、なんかちくっとした。とりあえず気にしないようにして、しばらく泥をこねてましたが、次第にかゆみが増して来ます。
我慢できなくなって、手を泥から抜き、腕を洗ってみると、なんと、

腕がいつもの3倍くらいに膨らんでる!!!そして、虫に刺されたような痕があり、じんわりと腕の色も紫を帯びています。
触ってみると、熱もある感じ!!

ちょっとしたパニックになりながらも、

「その泥ン中、変な虫いるから、手を抜いて!!」

と子供たちを誘導。
そんな真剣な私を尻目にまちこちゃんが私の手を見て、一言。

「地獄先生ぬ〜べ〜みたい」

それは週間少年ジャンプで連載されていた呪われた鬼の手をもつ先生が主人公のマンガのタイトルでした。
地獄.jpg


その瞬間、子供たち大ウケ!!
一気に地獄先生というあだ名がついてしまった!!

幸い、単なる虫刺されだったようで、宿舎からもらった薬を塗ってたら、次第に腫れはひいていったのですが、
「地獄先生」というあだ名は消えることなく、熊谷君の前でも

「ぬ〜べ〜!」「地獄先生〜!」

と大声で呼ばれ、私はその鬼の手でまちこちゃんを呪いました…。

しかし、次の日に私は別のあだ名で子どもらに呼ばれることになります。

ニジマス実習というものがあり、川魚を自分でさばいて普通に食べたことのある私が、ニジマス実習の指導員に抜擢されたのです。
豪快にニジマスを手づかみし、暴れるニジマスの頭を岩に打ちつけ、ぐったりしたところで串刺しにして火にくべるという一連の動きを子供らに説明しながらスムーズに行えました。
子どもらは賞賛のまなざしで今度は私を「ニジマスの先生」と呼んでくれました!!

よかった!とりあえず地獄先生よりは全然まし!


振り返るとニコニコしながら、熊谷君が

「意外に野生児だったんだね!」

と声をかけてくれました。

や、野生児? それ、褒め言葉?
彼の中では、私のイメージは
鬼の手でニジマスを食らう地獄先生と成り果ててしまったのだろうか…?

一抹の不安を感じつつ、日は暮れていったのでした。(つづく)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

うちの庭に知らないおっさんのサンダルが…。⇒人気blogランキングへ
posted by きょんこ1210 at 13:04| Comment(4) | TrackBack(0) | 思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ブログ開設おめでとうございます!

アクセス数を上げるために当コミュニティサイトに登録しませんか?
http://profile.zmapple.com/cgi-bin/profile.cgi
より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。

参加するにはこちらからが便利です
http://profile.zmapple.com/cgi-bin/profile.cgi?mode=edit&title=%82%AB%82%E5%82%F1%82%B1%82%CC%83%5E%83%81%8B%F0%92s%93%FA%8BL&address=http%3A%2F%2Ftameguchi1210%2Eseesaa%2Enet%2F


お問い合わせはコチラから
http://profile.zmapple.com/cgi-bin/fmail/cmfmail.cgi
Posted by みんなのプロフィール at 2005年06月29日 23:05
子供はすぐに変なあだ名をつけますから。でもそれでとっつきやすかったりしたんじゃないですか?
ねーべーとクマガイ君の話早くキキタイです。
Posted by 127 at 2005年06月30日 03:22
127さん
こんにちは(^-^)

確かにあだ名つけてもらってからのほうが、子どもたちはなついてくれましたね。

昔は学校の先生になりたいなんて思ったこともありましたが、大学のときに塾講やってたときに、授業中に生徒にタバコ吸われてしまうほど、ナメられてました。

童顔なので、ハクをつけようと、一度金髪にして教室に臨んだことありましたが、塾長に注意され、あっさり断念。
ヤンクミみたいな勢いあればよかったんですかね?(^_^;)
Posted by きょんこ1210 at 2005年06月30日 13:16
コメントでも十分笑えました。ギャファファ。
Posted by 127 at 2005年07月04日 12:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4712463

この記事へのトラックバック


楽天トラベル
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。