2005年07月05日

バトルな日々(トイレから脱走編)

中学2年の一時期、毎日のようにお父さんと喧嘩していた。
たぶん家庭内対戦では「私 VS お父さん」が一番多かったと思われる。
次点が「私 VS 妹」あたり。


その日は私の誕生日だった。あすかちゃんたちからプレゼントの写真立てや文房具をもらって、家に帰ったら、テーブルの上にお母さんが買ってきた不二家のケーキがっ!(^▽^喜)

とにかくご機嫌な誕生日だった。…そのはずだった。


夕飯も私の好物のパスタやハンバーグ♪それらを平らげ、いざ、ケーキに出陣となり、
お父さん、お母さん、兄弟4人の計6人分にケーキを切り分けることになった。


「私がわける!!」


と私は、一目散にナイフを手にし、一つだけ妙に面積の広い切り方をし、それを自分のものとした。
弟はまだ小2だったから、ちっちゃくっていいや!って適当に切ったやつを渡した。


「ぼくのケーキ小さいよ!!!」


弟はいっちょ前に自己主張の強い子どもだった。


私:「いいから、黙って食え」

弟:「ずるいぞ!!お前のケーキばっかり大きいぞ!!」

私:「だって誕生日だもん!いいだろ!」

弟:「いやだ!!ちょっとよこせ!!」



しつこいので、むかついてきて、つい弟の頭をたたいた。泣き出す弟。
泣け泣け。さぁ、食おう!と思った瞬間、強烈な右ストレートが私のほほに飛んできた!


父:「弟、泣かせておもしろいんかぁ??!!あああっ??!!」


「え?今日、きょんこんち、オヤジいるの?じゃあ、やだ行かない!!」とあすかちゃんにも沙織ちゃんにも毛嫌いされるほど恐れられているサイヤ人父さんのパンチだった

そんなお父さんはその日、やたら静かだなと思ってたけど、そうじゃなかったらしい。ただ単に機嫌が悪かったのだ。

右ストレートがいつもの5倍くらい強烈だった!


そのまま私の髪の毛をつかみにかかろうとしたので、私もお父さんの胸倉につかみかかり、腹にパンチを入れた。

「やめて、やめて、ほら、お父さん、落ち着いて!!!」


と止めに入るお母さん。
それを振り切って、また殴ろうとするお父さん。


「この野郎!!お前なんか俺の1滴だったくせに!!!



1滴?
一瞬、意味が分かんなかったけど、どうやら「私」の製造過程の話をしていた模様。


今日は会社で相当嫌なことあったんだな〜
暴言もパンチも辛口だし…。


日ごろの連戦でお父さんの本気度はだいぶ把握できるようになっていた。
身の危険を感じた私はトイレにダッシュして逃げた。

以前、本気モードスーパーサイヤ父さんと戦って、あごを負傷して外科にまで通ったことのあった私は、かなりの恐怖を感じた。


「待てぇぇぇぇ!!!!!」


お母さんとお父さんが揉み合ってる間に、私はトイレに逃げ込み、鍵をかけた。
ふぅ〜〜、これで殴られないですむ。

ガンっ!!ガンっ!!ガガン!!!

「きょんこ!!!!出て来い!!!この野郎!!!出て来い!!!」


狂ったようにトイレの戸をたたき続けるサイヤ父さん!!


5分くらいそれが続いてたけど、

「一生、便所に入ってろ!!」

という捨て台詞とともに、お父さんは立ち去っていった。



トイレの鍵を開けて、そっと出ようと思ってノブを回して扉を前に押したが、

あれっ??!!開かない!!!??

お父さんは外側にほうきか何かを使って、つっかえ棒をしたらしく、外に出られないようになってしまった!


「オヤジ、この野郎!!!!」


トイレで叫ぶ私。居間のほうから聞こえてくるお父さんの笑い声。

むかつきながら、再度トイレの内鍵をかけると、私は便座の上に立ち、窓に手を伸ばして身をよじって外に脱出した。
裸足で外をしばらくウロウロして家に帰ってきたら、私の計画通りの結果が待っていた。

尿意をもよおしたお父さんは誰もいないトイレに向かって、ひとしきり叫んでいたらしい。

「きょんこ、いいかげんに出て来い!!!おい、!返事をしろ!!おい!!きょんこ!!!」

つっかえ棒をとって開けようとしても私は内鍵をかけていったので、外からトイレを開けることは出来ない。
でも、お父さんはものすごい尿意をもよおしていた!


視線はおのずと一番身体の小さい弟に向かい、嫌がる弟を外に連れ出すと、お父さんは肩車をして、トイレの窓から弟を侵入させ、やっと鍵を開けたとのことだった。


少しばかりの復讐を果たし、お母さんがちゃんととっておいてくれた私の分のケーキ(私が切ったときよりも、若干削られていたが)を食べて、微妙な気持ちで14歳の誕生日を噛み締めたのだった…。
posted by きょんこ1210 at 15:06| Comment(4) | TrackBack(1) | 思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ふれは男三人の真ん中でしてね、上と下とでいろいろありました。

弟と喧嘩はよくしましたが、喧嘩に負けた弟は一人で遊びだし、公園のブランコ乗らずに動かして、石投げの標的にしてご近所のガラス割ったりする奴だったから、近所に申し訳なく喧嘩しなくなりました。通常は割りと従順だったし。
一人でいる事が多い弟は兄弟の中では一人で勉強して、一人で良い高校大学と進み官僚へ・・。今あるのはな、俺が相手しなかったからだぞと(笑)

兄とふれとはガタイがふれの方が大きいので、変に兄だからいいんだと、ジャイアンが「のび太のくせに」みたいな理不尽に兄貴風吹かせて威張り散らしたりすると、思いっきり反抗してました。ふれが兄へ食事中に味噌汁ぶっかけた事もあったなぁ〜

Posted by ふれ at 2005年07月05日 20:54
すてきな兄弟愛ですね^^;
味噌汁で思い出したけど、うちの弟も兄と喧嘩したとき、
思いっきり「ごはんですよ!」をビンごとぶん投げて、兄の額にヒット!!
でっかいタンコブ作ってました。
Posted by きょんこ1210 at 2005年07月06日 15:20
暴れハッチャクって覚えてますか?
あの暴れハッチャクですら父親と「息子」ですよ。
女系家族の私はあの番組を「男の子は怖いな〜」
って対岸の火事のごとく見つめておりましたが
きょんこさん上を行きましたね。超えてます。
ハッチャク以上です!!
Posted by まいこんぶ at 2006年05月02日 17:21
まいこんぶちゃん

もしや、まいまいちゃんですよね?
●BCの?
みんな元気ですか〜〜?

暴れはっちゃく…
うっすら覚えてます
うちは実家が床屋なのですが、はっちゃくの母さんも床屋さんじゃなかったっけ?
床屋がらみのシーンがあった記憶が。

それにしても「暴れはっちゃく」を持ち出すとは、まいまいさんも「マニー」ですね

*「どっきどきどん1年生」を歌う私にまいまいさんが「あんた、まにぃ〜な(マニアックだな)」って突っ込んでくれた記憶があるんだけど、覚えてる?
山手線の大塚駅で出社するために電車待ってたときだよ。
Posted by きょんこ1210 at 2006年05月09日 12:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4851425

この記事へのトラックバック

トイレ
Excerpt: トイレ便所(べんじょ、英''Toilet'')とは、大小便をするための設備を備えている場所。Wikipediaより引用...
Weblog: 住宅なんでも辞典
Tracked: 2005-07-05 21:41


楽天トラベル
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。