2005年07月12日

野菜夫人になったトモコさん

どこの地方にもナンパスポットって存在してると思います。
なつかしどころで言えば、一時期テレビで話題になってた大阪のアサリ族ですね。

あれと同じような場所が仙台にもあります。

それは仙台新港です。別名、南防波堤なので、集う輩はその場所を
「シンコー」「ミナボ」などと呼んでました。


今はどうなってるかわかりませんが、私は学生の頃に働いてたカラオケ屋のトモコさんというお姉さまに「社会勉強!」って言われて連れてってもらったことありました。



シンコーは夜間は進入禁止なのですが、その決まりはあってないような状態でした。
週末はかなりの数の車が集まり、格好のナンパスポットとなっていたわけです。


ドキドキしながらもトモコさんの運転する車の助手席で解説を聞きながら、現場を目指します。


「むこう着くとね〜、片側1車線が全部女性の車が列になって並んでるから、
あとはうちらも同じように並んでるだけでいいの。

そうすりゃ男の車が回転寿司みたいにどんどん来るから、
しゃべって気にいったら、セブンに車移動して合流する仕組みだから〜♪」


へぇ〜
ナンパにもちゃんとシステムがあるんだぁ!
たかがナンパ、されどナンパ、それでも最低限のルールを重んじる武士道の精神ありと思いながら、トモコさんに相槌打ってました。


現場には21時過ぎに到着しました。


「まだ早すぎる時間なんだけど、けっこう集まってるなぁ」

と言うトモコさん。


そこには明からに改造したり、マフラーをいじってると思われる車がうなりをあげてました。


げげっ!!
ナンパスポットっつうか、ヤン車スポットじゃん!!




多少びびりながらも、場慣れしてるトモコさんに任せることにして、女性車の最後尾につけました。


5分もたたないうちに、1台目の男車がきました。
ちらっと後ろを振り返ると、後方に何台も車がいて、それらが順番に女性陣の車を回る仕組みになってます。

ああ、確かに回転寿司だな。


そんなことを考えてるとトモコさんが窓を開けて、やって来た車の助手席に乗ってる男としゃべり始めました。

女性運転席、男性助手席はナンパグループの交渉担当となり、会話を始めます。
交渉が成立すれば、場所を移動して、あとはなるようになるって感じ。


次から次にやってくる車の男たちをトモコさんは華麗にさばき、気に入った人が現れるのを待ちます。


トモコ:「しゃべった感じでおもしろそうな男の子たちだったら、勝手に選んじゃっていい?」

私:「え?今日は見学だけじゃなかったんですか??!!」


びびる私に、
「せっかくだからいいじゃん♪」とトモコさんはいい、5〜6組回したところで、ガテン系の男二人組みに決定しました。


セブンで合流したときに、怖くておびえる私に、


「大丈夫だよ、おれ、会社員だよ、リーマン!」


とガテンの一人は言いました。
つなぎ着たリーマンはあまり見たことありません。
特別種ですか?
しかも「会社員だから大丈夫」って意味もよくわからない。


そんな違和感を感じつつ、カラオケへいきました。


個室に入って気づいたのですが、
ガテンさんたちからシンナーの臭いがします。


「今日、塗装やってきたらからよ〜、ちょっと匂うかぁ?」


とほほえみかけるガテンさんの歯は欠けてました。

シンナー臭い⇒歯がかけてる⇒吸ってる?⇒多少ラリってる??


と単純思考回路をめぐらせながら、私も「へへへ」とよくわからない笑みを浮かべました。
トモコさんはご機嫌で、カラオケ熱中です。

そのうちガテンさんが花火を見に行こう!といい始めました。


「今日、花火大会なんてあったっけ?」

というトモコさんと私に、


「万年、花火あがってるとこあるじゃん」



とガテンはいい、自分らの車についてくるよう言ったので、トモコさんの車で後をついていきました。


4号バイパス走ってたら、確かに見えてきました。


ああ〜花火だ、花火だ、見えてきた…
って、バイパスラブホの電光花火がっ!!!!


「NO!
ワタシソコマデ、タイケンキボウ、ノーセンキュー!!」



英会話1日見学に行って、無理やりレッスンに参加させられそうになったときの、片言になった瞳ちゃんが頭をよぎりました。


ぼけ〜っと入り口まで着いて行こうとするトモコさんに一生懸命NO!NO!言って、結局我々はそのまま迂回して帰りました。

その後、私を家に送ったあと、トモコさんはどうにかこうにかしたのか、
1年後、ガテンの一人と結婚しました。
正直、えええっ?!って感じです。

付き合い、その後も続けてたんだ…。


ガテンさんの実家は農家だったらしく、トモコさんは今でもたまに野菜を持って遊びに来ます。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

のどが渇いたらドクターペッパー。笑いに飢えたら⇒人気blogランキングへ
posted by きょんこ1210 at 15:53| Comment(8) | TrackBack(0) | 思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
強烈な話だけど、最後はキレイにまとまってるな(笑

東京ではヤンキーは死滅しつつある種族ですが、
千葉や神奈川、栃木辺りに行くと、
いまだに上下白いジャージに金色のネックレス・ブレスレットをまとった猛者がいます。
で、車のマフラーは当然の如く太い・・・。

どういう価値観なんだよ、と小一時間問い詰めたい。
Posted by スプートニク2号 at 2005年07月12日 21:29
野菜婦人ってとこが・・・・

南防波堤は釣竿持ったふれがウロウロしているかもよ。
Posted by ふれ at 2005年07月13日 01:41
はじめまして。たらみと申します。
「いただきマンボに食いつく派」です。
自分は、生まれてこの方一度もナンパをしたことがない!ので、めちゃめちゃ興味深かったです。
てゆうか爆笑!!
Posted by たらみユーイチ at 2005年07月13日 12:33
スプートニクさん

こんにちは(^-^)
仙台ではまだたまにジャージで街中をうろつくヤンヤンさんたちがたくさんいます。

10代の頃はは不良ぽい人をかっこいい!なんて思ってたけど、さすがに今は、ちょっと引いてしまいますね…。

でも、あの手の人たちってお話すると、本当はとっても優しい方が多いんですよ〜
普通の格好すれば、もっとモテるのにね。
Posted by きょんこ1210 at 2005年07月13日 13:39
ふれさんへ

南防波堤は昼間は魚釣りの人でにぎわってますよね。
私も子どもの頃はお父さんと一緒に釣りにいってました。

昼間はほんと、のどかなんですけどね〜
夜は別の「釣り」が始まっちまいますから('A` )

でも、今はほんとどうなってんでしょうね??

噂では警察のテコ入れが激しくなり、夜に集まる人も減ったって聞いたけど…。
Posted by きょんこ1210 at 2005年07月13日 13:44
たらみさんへ

おおお!
いただきマンボ食いつく派ですか!

じゃ、笑いのツボが一緒ですね♪
同士〜〜(・∀・)
ぜひカラオケ行って、歌ってみてください!
Posted by きょんこ1210 at 2005年07月13日 13:46
うーん、夜間は進入禁止になってますが、入ってくる人は多いみたいですね。
もちろん、南防波堤も元々昼でも立ち入り禁止です。
釣り好きなお父さんなら、スパーサイヤ人でもいい人です。

別な釣りは・・・そこに愛がないから興味なし。
Posted by ふれ at 2005年07月13日 22:36
遅れながら、ヤフー掲載おめでとうございます。
聖剣の蒼乃です。
と久々にきて気づいた。
こんな大サイトに★!!をつけてもらって幸せだと言うことに。しかもソッチカラ・・・。
これからも応援してます。
Posted by 蒼乃しあん at 2005年09月30日 22:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5025281

この記事へのトラックバック


楽天トラベル
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。