2005年09月07日

兄ちゃんのエロゲーで遊ぶ(その2)

*前回までのあらすじ

あすかちゃん、沙織ちゃんとPCのゲームをしようと、兄ちゃんの引き出しを開けると、怪しげなタイトルが名を連ねていた。

その中で、唯一まともに思えた『闘神都市』

しかし、この『闘神都市』こそエロゲーの王者アリスソフトの珠玉の1品だったのだ!!
そんなことも露知らず、ゲームを起動する我々だったが…




詳しくは「兄ちゃんのエロゲーで遊ぶ(その1)」参照



ゲームの内容は…

本筋はさらわれたお姫様を救うことなんだけど、穴にはまって抜け出せなくなってる
女の子を魔物たちとイタズラしたり、
金を払って女の子を買ったり
コロシアムで女戦士に勝つと、エロいことができるといった疑いのようのないエロゲーだった。



我々はこのゲームにすっかりはまった。



単なるエロゲーではなく、キャラもかわいいし、それなりにストーリーも楽しめるなかなかの良品だったのだ。


あすかちゃんと沙織ちゃんは足繁くうちに通い、みんなでゲームを進めた。


エロシーンで親が部屋に入ってこようもんならドキドキもんだ。
すばやくディスプレイの電源を切る。



あらゆる危機的状況を想定してコマめにセーブはしておいた。
そんなある日曜日、またあすかちゃんたちが遊びにきた。

「ゲームしようぜ!!」

と、もうノリノリだ。
女子とはいえ、思春期。

そして変り種のあすかちゃんと沙織ちゃん。
エロゲーには目がない。


そしていつものように楽しんでるそのときだった。
窓に映る黒い影。

「きょんこ!誰か来たよ!!」


ふとみると、ずんぐりむっくりして見えたので、別棟に住むばあちゃんが庭の手入れをしようと外に出てきたとこだと錯覚。


「あ〜、あれは、ばあちゃんだから大丈夫〜。この部屋には入ってこないから」


と言ったその瞬間!
ガラガラガラっという音とともに、どんぶくをきた兄ちゃんが現れた!!!


「に、兄ちゃん!!!!」


外出してると思ってた兄ちゃんは別棟のばあちゃんちの寝室で寝ていただけだったのだ!!

血の気が引いていく。


ごまかしようのない闘神都市の画面。
幸いエロシーンではなかったが、明らかに闘神都市。

兄ちゃんをごまかすためにぺちゃくちゃと早口で語った。


「勝手に机あけちゃってごめんね!面白そうなゲームだからやってみてたの。
ほんと、今始めたばかりで、どんなゲームかよくわかんないんだけどね!!」



「・・・・。」


兄ちゃんは無言だった。
たぶん兄ちゃんも密かにパニック状態。


自分が集め抜いたエロゲーが妹とその友人によって引っ張り出されていたのだから。

家族にはなんとなく、エロと自分との関わりなど知られたくないものだ。

でも、今、公然と自分の趣味が妹たちにさらけ出されてしまっている!!!



黙って兄ちゃんは2階へ上がっていった。


我々は泣く泣く、もうおしまいだと話し合い、セーブしたデータをすべて消去し、本当に今、始めたばかりだったんだ♪という状態を装うことにした。


そしてそれ以降、兄ちゃんのエロゲーコレクションの一切は別の場所に移動された。
すべてを悟った兄ちゃんがごっそりどこかにしまいこんでしまったらしい。



あすかちゃんと沙織ちゃんは続きが気になる!!クリアしたかった!!としばらく話していた。

やったことある人はわかると思うけど、ちょうどハニワの襲来にあったところで、ゲームできなくなってしまったのだ。


そして社会人になったある日、思い出の闘神都市の話題がのぼった。

「結局、クリアできなかったねぇ〜」

「ばあちゃんと兄ちゃん、見間違えんなよ、きょんこ」

なんて話しあっていたら、あすかちゃんが一言

「実は私、あの後クリアしたんだ。」

えっ?!

聞くと、どうしても闘神都市の続きが気になっていたあすかちゃんはその後、高校進学後もありとあらゆる機会に闘神都市の話をし、誰かもってるやつはやらせてくれと話して回ったという。


ゲーセン「シルクハット」で知り合ったある男友達がアリスソフトに精通しており、ハードもそろえていたため、5年かけて思いをかなえ、クリアしたとのことだった。


エロゲークリアにかけるものすごい情熱!
やっぱりあすかちゃんは普通の女の子じゃなかった…。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

今は普通じゃないお母さんを目指しています。
人気blogランキングへ
posted by きょんこ1210 at 11:37| Comment(8) | TrackBack(0) | 思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ハハハ、大変だったねぇ〜
オレは隠してたエロビデオを兄貴に見られたことがあったなぁ
焦らなかったけどね、“あんまりオモロクないっしょ”って言ってやった。
Posted by ウイパパ at 2005年09月07日 14:29
沙織ちゃんが兄ちゃんを好きになってしまい、兄ちゃんの部屋に入れてくれだの頼まれるようになったんだけど、この一件以来、用心深くなった兄ちゃんは、ちょっとした部屋の変化にめざとく気づき、

「おまえ、俺の部屋入ったろ!」

「入ってないよ、なんで??(゚Д゚;)」

「ガンプラの位置が少しずれてるぞ!動かしたな!」

といったやりとりをよくするようになりました。

ウイパパさんと違って、兄ちゃんは肝が座ってないようで、正々堂々とエロを振りかざすことはありません。
Posted by きょんこ1210 at 2005年09月07日 16:05
ふれは男三人兄弟なので、兄弟同士では何事も見て見ぬふりでしたね。
ただ、本棚にわざと背表紙を反対側に突っ込んだエッチ本が母親により、綺麗に本棚整理された時はもう参りました。。。。

ふれはエロゲーはまじにやったことなく、シュミレーションゲームオタク??になってたかも、そのおがけで、歴史や兵器に詳しくなりました(笑)
Posted by ふれ at 2005年09月07日 19:43
シミュレーションといえば、「信長の野望」とか「シムシティ」ですか?

うちにもありましたよ(^∀^)
私はやったことなかったけど、よく兄ちゃんや弟がやってました。

私はPCゲームだと「レミングス」とかやってたな。あと「タイタニック」。
Posted by きょんこ1210 at 2005年09月08日 11:22
シュミレーションは光栄の歴史ものとシステムソフトの大戦略ものばっかりでした。

そそ、合格したよー〜でつへへ(。・_・。)ノ
Posted by キャプテンふれ at 2005年09月08日 20:23
わぁーー!!!
おめでとうございます!!!

船に乗せてくれ〜〜〜
Posted by きょんこ1210 at 2005年09月09日 12:00
あすかちゃん凄い!!気合の入りっぷりがなんともいえませんっ。エロゲー然り、焼き芋に懸ける情熱然り、全くもって素晴しいとしか・・・。そしてそんなあすかちゃんを仲良しさんとし、電話に怒りの鉄槌を食らわすきょんこさんは、旦那を殴って2度も同じ場所を骨折した友人を彷彿とさせます。
Posted by チョコリーナ at 2005年09月26日 01:11
チョコリーナさんへ

私も殴って鼻の骨を砕いたことはあったけど、2度も同じ場所って、そんな悪役レスラーみたいなことはしてないので、たぶんその友人は他人の空似でしょう…。

京都の清水でもあの有名な長いひしゃくで友人の頭をぶん殴り、泣かせたことありますよ。
もちろんわざとじゃなくて間違ってですが…。
Posted by きょんこ1210 at 2005年09月26日 18:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック


楽天トラベル
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。