2005年09月15日

加藤清正の呪い

中1のとき、我々4人組(あすかちゃん、沙織ちゃん、瞳ちゃん、私)は昼休みはよく図書館で過ごしていた。


これだけ聞くと、なんと可憐な女子中学生かと思えるが、我々が図書館へ行く目的は、「笑える本」探しだった。



図書館に入ったら、各々が笑えそうな本を10分以内に探し出し、それぞれ披露しあい、爆笑度をはかるという遊びをしていた。

たいていが下ネタがらみのものだったが、記憶に残るヒット作を挙げてみると、



1.石ノ森章太郎著 
『マンガ 日本の歴史』



マンガ日本の歴史(41)


たぶん、これの1巻だったと思うんだけど、古の倭人たちが酋長(しゅうちょう)の
「遊べ!遊べ!」の掛け声のもと、子作りに励むというカットがあり、我々のハートをがっちりつかんだ。

2〜3ページに及び、けっこうエロいシーンだった。


思春期だから、その手のものには否応無しに反応してしまうんですよ。
女子といえども。


しばらくこの「遊べ!遊べ!」は我々の中の流行語となり、あすかちゃんは学校内で仲良く話をしてる男女を見かけると「遊べ!遊べ!」とやや低い声で酋長っぽく声をあげ、我々はそれを見て腹を抱えて爆笑したもんだった。




2.『魅惑のバレエ くるみ割り人形』
(確か、こんなタイトルだったと思うけど、わかんない 大判)

単にバレエ「くるみ割り人形」の写真と解説集のようなものなのだが、一連の写真の中に登場する、ある男性バレリーナの股間のモッコリ具合が異常にでかく、どのページを繰ってのも、その男だけがピチピチのタイツの中に異様なブツを強調している。


皆で


「これ、りんご3つくらい中に忍ばせてんじゃねーの?」


って盛り上がった書籍だ。

特にあすかちゃん、大興奮の推薦図書。



3.『日本囃子(はやし)歌100選』 
(これもうろ覚えのタイトル けっこう古い本だった。)

いつの時代の童謡なのか謎なのだが、「加藤清正の腹痛の歌」や、「バッテンお千代さん」という歌が入ってた。



「バッテンお千代さん」は「バッテンおしのさん」ともじって歌い、しのちゃんのテーマソングとなった。


歌詞ははっきり覚えてないけど、お千代さんがバカでしょうがないという内容の歌だったと思う。

歌詞だけで、メロディーがよくわかんなかったから、適当に節をつけて歌ってた。


このように我々は毎日、図書館でツボにはまる本を見つけては遊んでいた。


そんなある日、あすかちゃんが


「サバイバルゲームをしよう!」


と言い出した。サバイバルゲームといっても、それぞれが知っている野生?のグルメスポットを教えあうというだけのものだったので、一応大がかりなタイトルをつけてみただけである。


あすかちゃんは田中さんちのあけびが垣根を飛び越えて生えているので、もぎとって食べることが出来るといい、まずはそれを勝手に試食。



瞳ちゃんは隣の小学校に植えてあるヒマワリの種がおいしいというので、つまんで食べた。



沙織ちゃんは吸うと甘い味がするという細長い小さい薄紫色の花の咲いてる場所を教えてくれたので、みんなでそれを吸ってみた。


私は天野さんという私のばあちゃんの知り合いの家に生えている赤い木の実がさくらんぼの味がすることを報告し、それも見つからないようにして、いくつかもぎ取ってきて、みんなで食べた。



こうして、人のうちや公的敷地内に植えられているものを無断で食べるというだけのサバイバルゲームを終えて、我々は帰宅した。



だが悲劇は深夜に訪れた。

ものすごい腹痛が襲い、私はトイレにかけこんだ。

頭の中には図書館で見た「加藤清正の腹痛の歌」が思い出された。





加藤清正、餅食って、豆食って

おなかが太鼓で、おへそがラッパで

ドンドンピー ドンドンピー







まさに今、自分がドンドンピー状態だった!!
(´д`;)



「ぐあああああうううう!!!!」


脂汗をかきながら、私はくだした。


昼間食べた何かが私を加藤清正にしてしまったのだろうか?


くそぅ!!
彼のように餅と豆、つまり仙台で言えば名物「ずんだ餅」を食って腹痛をおこしたなら本望だったのに!!


ううう、でも牛タンも捨てがたい!!

冷やし中華、発祥の地は仙台だ!!
ちなみにルーズソックスも!!!



とほぼ食い物中心の郷土愛をぶつくさとつぶやき、自分をごまかしながら、腹のドンピーに耐え抜いた。


幸いお腹がすっからかんになったら、痛みも治まったので、大事には至らなかったが、おかげさまで熟睡できなかった。


皆さんも食べれなないものを食べるときは注意してください。

加藤清正に呪われるよ。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

「オジャパメン」覚えてる人いますか?
ぽちっと押してくださると嬉しいです。応援よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
posted by きょんこ1210 at 16:08| Comment(13) | TrackBack(1) | 思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
火の鳥とか微妙にエロかったりします。

確かにずんだもちうまい。
ずんだってどういう意味?原料はそら豆かな。
Posted by 127 at 2005年09月15日 19:59
ドンドンピー(笑)
僕も学校の帰り苺を勝手に取って食べてたら、農家の人が来たか何かで畑から出て友達の顔をみると口の周りが苺の汁で真っ赤!
でも、それを見た農家の人は怒らず、苺を少し採って分けてくれました。小学生低学年の頃ですけど、そんな思い出があります。お腹は痛くならなかったけど。(^^)

オジャパメンって、ごっつのやつですか?
Posted by 猫ユキ at 2005年09月16日 00:46
はじめまして〜。。ってか、
いつも大爆笑させて頂いてますが・・
今回のは、笑いすぎて私もお腹痛くなっちゃった(爆笑はずっと続く・・・)
Posted by 蘭世 at 2005年09月16日 04:22
127さん
こんにちは!いつもありがとうございます
(*^∀^*)

ずんだとは「豆打」と書き宮城県と山形県の郷土料理です。
名前の由来はいろいろ諸説があるようですが「豆打(ずだ)」が東北弁で訛って「ずんだ」となったという説が一般的なようです。

大豆(枝豆)をすりつぶし砂糖・塩をくわえたもので、最近ではずんだシェイクやずんだアイスも出回ってます。
すっごく美味しいんですよ!(*^∀^*)

猫ゆきさん
こんにちは(^∀^)
優しい農家さんでよかったですねぇ!
うちは庭でイチゴ作ってたことありますよ♪
もし、農家のイチゴで腹痛起こしたら、シャレになりませんね…
出荷停止だわ(´д`;)
痛くなんなくてよかったです!


蘭世さん
初めまして(^∀^)
遊びにきてくれてありがとうございます!
蘭世さんの名前見て、小学校のときに読んでたマンガ「ときめきトゥナイト」を思い出しました。
(^_^;)

もしや同じ世代?
あの頃はみんな毎月欠かさず「りぼん」読んでましたよね〜
Posted by きょんこ1210 at 2005年09月16日 12:03
バカバカしすぎ!!会社で読んでるんだから笑わかさないでよ(苦笑)。うちは男子校だったんで、
”図書館にあるビミョウにエロな内容含む本”
で異性の目を気にせず大盛り上がりしていた記憶があります。なつかしい…。
Posted by たらみユーイチ at 2005年09月16日 12:29
笑えるなぁ〜まさしく“おバカな中学生”だね
何かオレとクロスオーバーしちゃってさぁ〜
中学の時から知り合いだったらオレらって
“ヤバイ二人”だったかも(笑)
Posted by ウイパパ at 2005年09月16日 15:46
きょんちゃん、こんばんは!
バナーありがとうねぇ〜♪
このバナー使ってもらって嬉しいです
これからもよろしく
Posted by ウイパパ・ウイスキー・ジャズ at 2005年09月16日 19:58
はじめまして。
静炉厳さんのところから来ましたが
遊べ!遊べ!
最高です!
職場なのに吹き出してしまいました。
これからも頑張ってください!
Posted by akimoto at 2005年09月17日 12:54
中学のころからクオリティーの高い遊びしてたんですねぇ。
流石!!
Posted by 空(kuu) at 2005年09月17日 18:38
そう言われると言い出しづらいですが
『マンガ日本の歴史』はほぼ全部持ってますよ〜(笑)
べつにそれが見たくて集めたんじゃないですけどね(^−^;)
ルーズソックスの発祥は仙台だったんですか!
それは知らなかった・・・(@_@)
Posted by ベリィ at 2005年09月17日 18:58
akimotoさん
初めまして(*´∀`*)
遊びに来てくださってありがとうございます。
機会があったら、ぜひ「マンガ日本の歴史」を手にとってみてくださいね( ´∀`)
さらに笑えると思いますよ〜

ベリィさん
まじすか?!
「マンガ日本の歴史」持ってるんですか?!
私は中学時代以来、手にとってないので、もう一度「遊べ!遊べ!」のシーンを見たいです!!
確か、「ズンドコ ズンドコ」っていう太鼓の音も背景に書いてあったような気がします。
Posted by きょんこ1210 at 2005年09月17日 22:45
きょんこさんの記憶力、スゴイです(笑)
みなさんの頭にはすでに
「遊べ!遊べ!」
のイメージが植わっていると思いますが、
単なるマンガだけではなくて解説もしっかりしているので
けっこう読み応えありますよ。
きょんこさんも、機会があったら読み直してみてくださいね〜。
中学生のころとはまた違った見方で楽しめるかもしれませんよ☆
Posted by ベリィ at 2005年09月17日 23:38
リンクさせて頂きましたぁ☆
Posted by 空(kuu) at 2005年09月18日 21:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

渡哲也はオナペット?(エロ中学生奮戦記)
Excerpt: 「オナペット」って…(呆)。 こんにちわたらみユーイチです!!   ■加藤清正の呪い( きょんこのタメ愚痴日記 ) ↑これを見ていて、あったあった、中学生のとき、学校の図書館で友達と「エロい内容の本」..
Weblog: 新・たらみユーイチ小ネタ館
Tracked: 2005-09-16 18:26


楽天トラベル
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。