2005年09月27日

妖怪人間を作りたい

私が小学校低学年の頃は夏休み子どもマンガ劇場といえば、
「妖怪人間ベム」だった。

ベムベラベロ.jpg


今や、差別用語が頻繁に出てくるため、「一休さん」同様、再放送を禁じられた禁断のアニメとなってしまったが、あの頃はベムもベラもベロも当たり前に私たちの前にその姿をさらけ出していた。


そういえば、堺正章が孫悟空をやってた「西遊記」も昔は何度も再放送してたのに、最近はめっきりですね。


西遊記.jpg


あれは和田アキコの演じた鬼子母神があまりにも怖すぎるため、再放送禁止になったのでしょうか?


妹と一緒に見てたとき、和田アキ子が登場したとたん、妹が泣きわめいた記憶があります。


鬼子母神って子ども喰らうんですよ。
和田アキコに喰われると思ったんですかね?



話が脱線したが、とにかく私たちは夏休みといえば新倉イワオ解説つきの「あなたの知らない世界」や「妖怪人間ベム」に釘付けだった。

怖いもの見たさってやつですね。


ベムに出てくる悪者妖怪は「目ん玉が欲しい!」といって、人間の目玉をくりぬいたり、「美しい髪が欲しい」といって、髪を根こそぎ引っこ抜いたりと、残酷なシーンがかなり多かった。
とっても怖いんだけど、なぜか見てしまう。



見ちゃいけないのに、見てしまう。
男子中学生とエロ本みたいなもんですかね。

え?ちょっと違う?




ベムのオープニングは、実験室っぽいところで、ビーカーの中の何やらドロドロしたものが化学反応を起こしてベム、ベラ、ベロが誕生し、そのままテーマ曲

「や〜みにか〜くれて生きる♪俺ちゃ、よ〜うか〜い人間なのさ〜♪」

につながるって形だった。


毎回、実験室でベムが生まれる様子を見ていたため、何か刷り込まれてしまう人もいたようだ。
お向かいのさとこちゃんもその一人だった。


ある日、さとこちゃんちの玄関のすみっこにいろんなもんがぐちゃぐちゃ入ったビンが置いてあるのを見つけた。


「何、これ?」


って聞くと、


「妖怪人間を作ってるの」


という回答が。


先週から泥やチョークをすりつぶしたもの、小麦粉、アリ、洗剤などを混ぜ合わせて、放置しているとのことだった。


一度母親に捨てられそうになったが、泣いて騒いで阻止したという。

さとこちゃんは一人っ子なので、お母さんはさとこちゃんにとても甘いのだ。


一時期、酸性雨の問題が取り沙汰されたときなんかは、危ないからといって、雨の日は車で学校まで送り迎えしてあげてた。

私も図々しく、よく便乗したもんだった。



そんなわけで、妖怪人間製造計画は着々と進んでいった。
1ヶ月経っても、3ヶ月経っても、1年経っても、ビンはずっと捨てられずにいた。


幸い腐敗するようなものはあまり入っていなかったからか、それともビンの蓋がしっかりしまっていたからなのか、悪臭はさほど感じなかった。


たまに鼻をつまみながら蓋を開けて、新たな材料としてミミズやトンボの羽を泥に一緒に埋め込んだりしていたが、いっこうに妖怪人間が生まれる気配はない。


3年たち、4年たち、もはや妖怪人間の再放送さえなくなり、私も小学校を卒業して中学に入学する歳になっていた。



でも、妖怪製造ボトルはまだそこにあった。



さとこちゃんも妖怪人間が生まれることを期待して、ビンを放置していたわけではなく、
自らが作り上げてしまったどうしようもない物体をどこにどう捨てたらいいのかわからず、とりあえず放置してしまっていたようだった。



母親もその「物体」に関して、すでに会話を避けるようになっていたという。


そんなどうしようもない妖怪ボトルも最後を迎える日がやってきた。



さとこちゃんが引っ越すことになったのだ。

引っ越すといっても、近所だったので、結局同じ中学にあがったんだけど、妖怪ボトルを新居に持っていくのは忍びないので、お別れを告げねばいけなくなった。

っていうか、とっくにお別れしたかったんだけど、モノがモノなだけに捨てるのが面倒になってただけなんだけどね。


さとこちゃんはそのままビン・缶ゴミの日に中身ごと捨てようとしたそうだが、ゴミ集積車が走り去ったあとには、妖怪ボトルがぽつんと残されていたという。


清掃工場のおじさんも拒否!
フゥ〜〜〜〜〜〜!!

(ハードゲイ調)


意味はない。ただ言ってみただけ。



そんなこんなで一緒にビンの中身を捨てるのを手伝ってくれといわれた。

場所は学校の樹木園という校庭のはじにあるちょっとした森林コーナーだ。
いよいよビンの中の妖怪になりきれなかった屍は土に還ることになる。


4年という年月を経た妖怪の材料は動きさえしなかったけど、
すでに「妖怪」にふさわしい域に達していた。

どろんどろんのぐちゃんぐちゃんだ。
この中にとんぼやら、ミミズやら、ありんこやら、いろんな虫の命もいっしょに混ざっている。


ビンの中身を土を掘った穴にぶちまけながら、
さとこちゃんは号泣した。


臭くて泣いたのか、それとも妖怪ボトルへの思い入れから泣いたのか、定かではないが、こうして幼い頃に抱いた、「妖怪人間を作りたい」という淡い思いははかなく消えていった。


最後にいっしょに穴に土をかぶせながら、二人で「さようなら」とつぶやいた。
妖怪ボトルから妖怪は生まれなかったけど、でも、私たちの中ではすでに妖怪は「生きていた」。
なんとなく妖怪ボトルに命を吹き込んでいたような気がしていたのだ。


だから自然に「さようなら」って言ったんだと思う。


その後、泥を捨てたあとのビンは校庭の水飲み場で洗って、普通にゴミ集積所においてきた。

こうしてさとこちゃんの
「妖怪」と過ごした4年間は幕を閉じたのである。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

今日の夕飯はホッケです。残業はとっとと済ませて早く帰ってきなさい。
ポチっと押してくださると嬉しいです。応援よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
posted by きょんこ1210 at 19:24| Comment(8) | TrackBack(1) | 思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
妖怪人間みてました。
あと、いただきます。今のごきげんようの前身で夏場になると怖い話をよくやっていた。
あれが怖くて、怖くて。
家が古いので、普段は気にならないシミとか物音がものすごく気になりました。
今では、好んでみていますが。
Posted by 127 at 2005年09月27日 23:03
「いただきます!」懐かしいですね。
司会者は「ごきげんよう」と同様、小堺さんでしたよね。
塩沢トキとか出てましたよね。
頭のすごくデカい人。

夏は稲川淳二がよくゲストで呼ばれて、怖い話をしてましたね〜
稲川淳二といえば、昔、霊に呪われたために奥さんが真っ黒い子どもを出産したという噂がありましたが、あれはなんだったんでしょう。
Posted by きょんこ1210 at 2005年09月28日 11:12
未だにふれは、三本指にして後ろに回して「オラ、ベロってんだぁ〜」と言ったりもします。

西遊記はIの西田敏行がいいね、Uのトンペイは・・ちょっと。


ふれも妖怪人間は作ろうとしてないけど、捨てないで取っている変なビンあります。
小学生の時に「サスケ」という白黒パッケージののジュースあったの覚えている??「何?サスケ?」CMがかなり有名だったと思うのだが・・・
その空き瓶に使い捨てカイロの中身を詰め込みそれがいまだにあります。何故そんなことしたかはもう忘れたけど、大切なデットストック。


中学1年の時のクラスメイトの仙石君は、自宅に「猫のちゃぷんちゃぷん」と言う謎の液体を持ってました。気になったふれは、臭いをかがせてもらったんだけど・・・・小便・・・・。これって猫から取るなんて無理だから、仙石お前のだろ!!!!
Posted by ふれ at 2005年09月28日 22:43
パチ男も妖怪人間大好きでした。(^o^)丿

体育の時間やプールの時に着替えのため
上半身裸になっていると、タオルをムチ代わりに
「ベラのムチは痛いよっ!!」と言って
叩いてくる輩が続出したのには閉口ものでしたが・・(-_-;)

確か、最終回はかわいそうなんですよね〜(T_T)
Posted by パチ男 at 2005年09月29日 00:33
ふれさん

私も西遊記Uの左とん平は解せなかったです。
やっぱり豚といえば、西田敏行ですよね。

「サスケ」てジュースはよくわからんです。
「パレード」ならわかるけど。
私んち、昔駄菓子屋、やってたんですよ。
だからなんとなく商品のことは覚えてるはずなんだけど。
「コスモス」とか知ってます?でっかいガチャガチャ。あれ、うちに置いてました。

それにしてもふれさんはさとこちゃんを越えてますね!小学校のころのカイロの瓶がいまだに存在してるとは…。
腐るものじゃなくてよかったですね。

「猫のちゃぷんちゃぷん」って…。
仙石くんが何をしたかったのかまったくもって不明です。

===================

パチ男さん

ああ、ベラやりましたねぇ!!
そういえば、ベラってあだ名の先生もいましたよ。
最終回は人間になりきれず、死んでしまうんじゃなかったでしたっけ??

アニメなのに、ハッピーエンドじゃないなんて
(⊃д`)
Posted by きょんこ1210 at 2005年09月29日 12:38
♪〜闇に紛れて生きるのだぁ〜♪
ゴッツのコントでもやってたなぁ
早く人間になりたい!!
Posted by ウイパパ at 2005年09月29日 17:43
サスケわかんないかぁ〜
ちょっと調べてネットで詳しく紹介してくれてる
人居たよ。
http://www.stij.org/drink/drink1.html
写真あったのはこちら
http://homepage2.nifty.com/shiro13/misc/Sasuke.htm
Posted by ふれ at 2005年09月29日 23:36
ふれさん

わーい!!
ありがとう!!
サスケの偉大さがよくわかりました。
それにしても
「冒険活劇飲料」って…。
すごいネーミングですね。

パッケージの写真見ましたが、なかなかおしゃれですね。
忍者が手裏剣でも投げてるちゃちい絵の入ったジュースを想像してたので、意外でした。
CMインパクトあり、パッケージデザイン良しで売れなかったってことは、そうとうまずいジュースだったんでしょうね…(´д`;)

ふれさんはサスケ飲んだの?
どうだった?どんな味なの?
Posted by きょんこ1210 at 2005年09月30日 15:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7388154

この記事へのトラックバック

怪獣日誌 「はやく人間になりたい!!」
Excerpt: 「今日の怪獣日誌は何にしようかなぁ〜」って迷ったんですが、ちょっと気分を 変えて妖怪人間にしてみました。  妖怪人間ベロ     妖怪人間ベラ  そういえば中学の時の先生で、「ベラ」ってあだ名を..
Weblog: 日子のさらさら日記
Tracked: 2005-11-06 02:06


楽天トラベル
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。